リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!



|スタッフブログ

ヒューマンワークTOP > スタッフブログ > どんな人が欲しいのか=ターゲットに訴求をした文言を書くこと

どんな人が欲しいのか=ターゲットに訴求をした文言を書くこと

皆さんこんにちは!

 

福岡第2営業所の神谷です。

 

 

 

社会人2年目となり、最近スーツを新調致しました。

 

千鳥格子柄のネイビーのスーツに包まれて、

 

身も心も新たなスタートで仕事に取り組んでいます。

 

 

そんな私が掲載する写真はこちら!

 うさぎ

 

大学在学時に、友人と一緒に行った

 

「休暇村大久野島」…通称“うさぎ島”での写真です。

(〒729-2311 竹原市忠海町大久野島)

 

 

春の暖かな陽気につられて、うさぎ達も楽しく生活しておりました!

 

戯れてリフレッシュもできますので、お勧めします!!

 

 

 

そんな私が2年目となり、お客様からよく言われるのが

 

「欲しい人材が応募にこない!」ということです!

 

 

その理由のひとつとして、

 

◇原稿内に盛り込む情報の不足があげられると思っています。

 

欲しい人材の心にグッとくる内容が書かれていなければ、

 

応募の確率は下がってしまいます。

 

 

そんな中で大事にすることは、当たり前かもしれませんが

 

「どんな人が欲しいのか=ターゲットに訴求をした文言を書くということ!」

 

 

主婦(夫)さんであれば

 「お子様の急病時にも対応します!」

 「扶養内でも勤務できます◎」

 

学生さんであれば

 「試験休みも考慮します!」

 

であったりなど、

 

「どんな人をターゲットにして、

 

その人が働きやすい環境にするための取り組みはなんなのか」

 

ということを原稿内でうたうようにしています。

 

 

仕事をする上で大事な要素のひとつが働き易さ!

 

ここをバッチリ原稿内に盛り込んで、

 

欲しいターゲットが採用できるための確率を高めていきましょう!

2017年5月17日更新



←前の記事へ 次の記事へ →






リクルートトップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内

/var/www/vhosts/human-work.co.jp/httpdocs/blog