リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!



|スタッフブログ

ヒューマンワークTOP > スタッフブログ > 休憩時間のルールって?

休憩時間のルールって?

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

業務部の赤木です。

 

 

先日、大学時代の友人と集まってお花見をしました。

 

卒業してから随分経ち、みんな別々の県に住んでいますが、

毎年こうやって集まれるのがとても嬉しいです。

 

(飲んでばかりで桜の写真は撮り忘れました)

 

 

+++++

 

 

さて、求人広告には様々なルールがあり、

規則や法律を順守して作成されています。

 

その中でも今回は休憩時間について

簡単にお話させていただきます。

 

もしも適切に休憩時間が与えられなかった場合、

作業効率が著しく低下し、逆に非効率的になったり、

疲労により労働災害が発生しやすくなる恐れがあります。

 

労働基準法では、所定労働時間により

最低限の休憩時間を以下の通りに定めています。

 

【所定労働時間】

6時間以内    休憩なしでもOK

6時間~8時間以内 →45分以上

8時間以上     →1時間以上

 

 

+++++

 

 

また、時間だけではなく、

休憩の取らせ方にも3つの決まりがあります。

 

1.労働時間の途中に取らせないといけない

2.一斉に取らせないといけない(例外あり)

3.自由にさせなければならない

 

例えば、休憩中に電話当番をさせるなど、

完全に仕事から離れられない場合、それは休憩を取らせたことにはなりません。

 

 

+++++

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

人材採用でお困りのことがございましたら、

ぜひヒューマンワークへご相談くださいませ。

 

2018年4月24日更新



←前の記事へ 次の記事へ →






リクルートトップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内

/var/www/vhosts/human-work.co.jp/httpdocs/blog