BLOG

スタッフブログ

2019年09月17日

売り手市場の日本

こんにちは。

関西HRグループの柳生です。

 

この間の連休に、親戚のいるタイの

パタヤに行ってきました。

 写真は「アジアのサクラダ・ファミリア」とも呼ばれる、

「サンクチュアリオブトゥルース」という現在建設中の巨大寺院です。

(1981年から着工し、未だ完成時期が未定とのことです。)

 

現地では、観光はあまりせず、

スパやエステ、足つぼマッサージ等を堪能し、とても満足した中、

そこで施術して下さったスタッフの方々の「自由さ」に驚きました。

 

日本ではありえない事ですが、、

とにかく、施術中のスタッフ同士のタイ語での談笑が止まらず、

何を話しているのかはわかりませんでしたが、とにかく「楽しそうに働いているな」

というイメージが強く残りました。

とはいえ終始笑顔で、しっかりと施術していただけるので、

嫌な気は一切せず、とても好印象でした。

 

 

相反する形で、改めて日本の人々の「勤勉さ」を再認識しました。

もちろん、そこが日本の経済を支えてきた「強み」には違いはなく、

とても素晴らしい特性だと感じる一方で「ガチガチのルールに縛られて働く」よりも

「自分の個性を表現しながら働きたい」とか

「仕事とは言え、一瞬一瞬を楽しみながら働きたい」

思っている方も多いのではないかと思います。

 

まだまだ、売り手市場の日本

働き口の選択肢はたくさんあり、そこで経験できること、

得られるスキルに大きな差が無いケースが多いです。

 

だったら、求職者が「ここで働いてみたい」と思い、

スタッフが「辞めたくないと思う職場」とはどのようなモノなのでしょうか。

改めて、考えさせられる旅でもありました。

 

弊社、ヒューマンワークの営業スタッフもこのような日々の経験から感じた事を活かしながら、

お客様と一緒に試行錯誤をしながら採用成功を目指させていただいております。

 

採用周りでお困りの際には、是非ご相談をお待ちしております。

 

ブログ一覧に戻る