リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!



|スタッフブログ

ヒューマンワークTOP > スタッフブログ > 求人原稿はイメージとの戦い

求人原稿はイメージとの戦い

こんにちは!

横浜営業所の千葉です!

 

 

「酷暑」という言葉がニュースでも取り上げられるこの夏。

いかがお過ごしでしょうか?

私は5歳の息子にせがまれ、

JRさんと東急電鉄さんのスタンプラリーをしながら休日を過ごしております。

涼しいので案外良いものですよ♪

 

 

そんな中、採用状況は…と言うと、

言うまでもないかもしれないですが、以前として売り手市場です。

厳しい状況は続いております。

 

しかし、私がお手伝いをさせて頂いているお客様全てが

苦戦をされているかと言えば、そうでもありません。

原稿の作りこみにより、採用成功できたケースはこれまでに数多くありました。

 

新戦力を採用したい企業様と、就職・転職をしたいみなさんとのマッチングのお手伝いをする際、

世に出していく作品はやはり原稿です。

原稿に共感して頂き、「ここで働きたい!」と求職者の方に思って頂くことがテーマになるのです。

 

私は求人広告はイメージとの戦いだと考えています。

例えばみなさんは小説を読んでいる時に、

場面ごとの情景を思い浮かべて読みませんか?

私は求人広告においても同じことが起こっていると考えています。

 

求職者の方は求人広告の内容から、その職場を想像します。

目の肥えた求職者の方は文面の裏を考えたりもするでしょう。

ましてや求職者よりも求人広告の方が多い時代です。

細部まで原稿を読み込み、より良い職場を探す努力をすることは、

ごく自然なことであり、求人の数が少ない時よりも容易でしょう。

 

だからこそ求職者の方に間違ったイメージを与えてしまわないように、

具体的かつ、各職場ごとの個性を原稿に落とし込むことが大切なのです。

 

大切なポイントは同じ情報でもどう伝えるかです。

例えば…

 

◎お店のお客さんへの熱い想いを具体的に載せてみる

 

「当店はお客様想いの熱い店」

言葉で書くのは簡単です。

お店のお客さんへの想いは言い換えれば店長やオーナーがお客さんに抱く想いであり、

それが求人原稿に記載されていることで、

求職者の方はその文面から店長やオーナーの人柄をイメージするでしょう。

そのイメージが良い方向に傾けば、その後の文章もプラスなイメージで読めるものです。

 

 

◎クリニックの院長は二児のパパだと伝えてみる

 

「家庭と仕事の両立を応援する」

こんなメッセージを書くのは簡単です。

しかし、「二児のパパ」という文言にはより大きな力を感じませんか?

実際にお子さんがいて働いている方はどう思うでしょうか?

その言葉だけで…

「家庭を持ちながら仕事をすることに相応の理解があり、色々と相談にのってもらえそう」

こんなイメージをもてませんか?

 

 

私は求人原稿においては、

こうした皆さんの無意識化のイメージを

どのようにプラスイメージに転嫁させるかの勝負だと考えています。

厳しい状況だからと理想のターゲットから目をそらさずに、

その人たちに、どう職場の良さを伝えるかを考えましょう!

そのパートナーに弊社を選んでいただけたら嬉しいです!

2018年8月20日更新



←前の記事へ 次の記事へ →






リクルートトップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内

/var/www/vhosts/human-work.co.jp/httpdocs/blog