BLOG

スタッフブログ

2014年07月04日

「盗まれない」財産

こんにちは。
カラオケHRグループの桂島カラオケです。



以前のブログでは、昔から伝わる言葉についてご紹介しました。
今回は、6月30日の日経新聞本で心に残った記事を読みましたので

ご紹介します。

スモーキーマウンテンなどゴミ山で有名なフィリピン。
ゴミ山でゴミを選別するのは、貧しい家庭の子どもたちの仕事です

そこで働く子どもたちに、若者が勉強を教える
ボランティアが行われているそうですひらめき電球



実際にゴミ山で学び、のちに教職についた方がこう言っています。


「教育とは、人から決して盗まれることのない一生の財産だ」



教育が受けられる日本人の私にとっては、衝撃的でしたえっ
当たり前に感じている小さなころからの教育や仕事における経験は

知らずうちに私の財産となって積み重ねられていることに気づかさ
れ、ハッとしました。



みなさんは、このように感じたことはあるでしょうかはてなマーク



学ぶ機会は、教育現場だけではありません。
今仕事をしている多くの方々にとっては、

この働いている一日一日が勉強の繰り返しですメモメモ



たとえば同じ仕事内容であっても、生き方や考え方の違い、結果にたどり着く方法も様々で、
その人に蓄積される「学び」もまた違うものとなるでしょう!



こうして日々、十人十色のその人にしか生み出せない
財産が生まれています。



誰も盗めない財産は、逆に言えば、その人だけができることナゾの人
日本中だけでも約6400万人の方が働いています。
6400万通りの財産があると思うと、何だかわくわくしますね音譜



築き上げた財産をどう増やし活用するかは自分次第です。
自分の隠れた財産を見出せていない人もいると思います。
かく言う私も、全然見つかっていませんあせる



きっと、それを見つけて育てて、

周りと化学反応を起こせたらすごく面白いでしょうし、
それは自分で学び探求しなければ、見つからないことなのだと思い
ます。



一人ひとり、盗まれることのない財産で、

自分だからこそできる仕事を見つけていけたら、
そんな社会が広がったら素敵だなぁ得意げ


そんなことをぼんやり思ったある日でした。
私は、みなさんが持っている財産を活用する場を
見つけられるお手伝いができたら嬉しいですグッド!


あなたは、自分の財産をどう使いますか?

ブログ一覧に戻る