BLOG

スタッフブログ

2015年12月04日

介護業界の現状と、求職者の望み

 

こんにちは!ブログを書くのは初めてになります!

 

西業務グループの中村です

 

実は私、高知県から大阪に移住してきたばかり。

 

そんな私の特技は・・・・・・・・・

 

ずばり

 

「お年寄りと仲良くなること」

 

 

大阪にきてからも街中で話しかけられ、
30分くらいお話ししちゃいました

皆さん優しくて人生の先輩に人生を教わってばかりです


 

私そんな特技を生かし、実は介護職経験者でもあります


 

弊社のお客様にも医療・福祉関係のお客様が
多数いらっしゃいますが、

 

皆様、採用にはそれぞれ苦労が絶えないようです


 

そもそも介護業界は「低賃金だ」と言われ
求職者が少ないイメージがありますね

そこに追い打ちをかけて高齢者社会になり
施設やサービスのニーズ、

 

事業所はどんどん増加しているのに求職者は少ない

 

近年は福祉専門学校の増加や、
公共職業安定所でも福祉専門コーナーができ、

 

国も賃金UPに取り組もうと試み、介護業界を支援しています

 


 

しかし、介護業界で実際に働いている職員や
求職者が求めること……
本音は「賃金UP」だけでなく、異なる方が多いようです

 


実は介護業界内での転職・求職希望者は前職に対して、
賃金の不満よりも、人間関係での不満が多い様です

だから、求人広告の内容も条件だけでなく、
写真や雰囲気を確認する方が多くいらっしゃった気がします


 

私も施設で面接担当を行っていましたができる限り、
面接の際に施設の見学をして
「生の現場」を見てもらっていましたね。

 

 

 

求人広告だけでなく、人材紹介や、
採用後のマナー研修等もお手伝いできる弊社。
これからも、様々な角度から、
長く働いてくれる方に出会うお手伝いをさせていただきます

 

ブログ一覧に戻る