<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?ev=6025488588185&amp;cd[value]=1.00&amp;cd[currency]=JPY&amp;noscript=1" />

リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!


はたらいくに求人を掲載して人材探し
ヒューマンワークTOP > お役立ち情報 > はたらいくに求人を掲載して人材探し

はたらいくに求人を掲載して人材探し



中小企業も使いやすい



最近は景気が緩やかな回復傾向にあるといわれていますが、人材不足に悩まされている企業が増えています。昨今の少子化の影響で、若い人材はどんどん減ってきており、どの企業も人材確保に躍起になっています。ひとりでも多くの人材を確保するためには、求人情報をどう公開するかも重要になってきますが、最近はWEBサイトを利用した情報発信が主流となりつつあります。

PCやスマホなど、情報端末が一般化したことで、求人サイトや転職サイトの数は大幅に増加し、今では様々なサイトを選べるようになりました。どのサイトを使うかで、集まる人材にも違いが出てくるので、求人情報を掲載する際は、サイトごとの特徴をしっかりつかむことが大切です。たとえば「はたらいく」は転職サイトの一つですが、他の転職サイトとは違った、様々なコンテンツを提供しています。

はたらいくは中小企業も使いやすいサイトとして人気です。求人情報誌でもそうでしたが、求人サイトでは料金が高ければ高いほど、求人情報に使えるデータ容量が増加したり、検索したときに名前が上位に出るのが一般的です。そのため大企業であればあるほど、求人情報はより目立つ傾向にあり、中小企業は目立たない広告で人材を集めなければなりませんでした。しかし、はたらいくは求人情報が掲載される順番をあえてランダムにしているところがあります。そのため、自分たちの求人情報がずっと後回しにされる心配もなく、用意できる費用が少なくても、多くの方に求人情報を見てもらうチャンスが生まれます。


集めたい人材が定まっているなら



転職サイトなどを利用する際は、どういう人材を集めているかで利用するサイトを決めたほうが良いでしょう。たとえば経験者が欲しいなら、特定の業種に絞りこんだ転職サイトなどを利用すれば、効率良く高いスキルを持った人材を集められますし、未経験でも問題ないなら、ジャンルを問わず求人を掲載し、利用者数が多いサイトを利用すると良いでしょう。はたらいくは様々なジャンルの求人を扱っていますが、それでいて企業側が欲しいと思える人材を集めやすくなる仕組みが用意されています。

はたらいくを象徴するシステムの一つに、らいく機能という求人をアピールするための機能があります。一般的な求人サイトだと、求人情報を掲載した後は、利用者が求人を見てくれるのを待つだけでしたが、受け身の姿勢ではどうしても求人を見てもらうチャンスが少なくなってしまいます。しかし、らいく機能を使うと、レジュメの情報を元に、この人に求人を見て欲しいと思った利用者に直接アプローチが出来ます。そうすれば求人情報を見逃していた利用者も、自分に合いそうな求人に気が付いてくれるでしょう。企業側にとっても、良い人材だと感じた相手に情報を発信できるので、お互いのことを知らない状態から面接などを行うよりも、スムーズに自分たちが欲しいと思える人材を雇い入れることが出来ます。

地方で経営している企業だと、全国に情報を発信するWEBサイトを利用しても、地元で働く人材を集めにくくなってしまいます。はたらいくは、日本全国に数多くの対応エリアが設定されているので、自分たちが働くエリアに近い人材を容易に探せます。らいく機能の併用でさらに人材は集めやすくなるので、利用できるサービスは積極的に使いましょう。



発信する情報に注目



転職サイトなどに求人を掲載する際は、どういう情報を中心に紹介するかが重要です。一人でも多くの人に注目してもらいたいなら、目立つ画像を使い、会社の良い点をどんどんアピールしたほうが注目度は高まるでしょう。しかし、良いところだけをアピールしていると、それを見て応募した方が、求人情報と現場とのギャップにショックを受け、早期退職してしまうケースも少なくありません。企業、転職希望者共に、不毛な時間を作らないためにも、はたらいくでは情報の発信方法に工夫を凝らしています。

はたらいくではせきらら求人という求人情報の発信方法を採用することで、仕事内容をより深く理解し、それでも働きたいと思える人材を集められるようにしています。せきらら求人では、その企業で働くことで得られるメリットに加え、つらい面や苦労することなど、デメリットとして取られる要素も合わせて掲載しています。本来なら隠したいところを余すところ無く伝えることで、企業と応募者との意識の差を無くし、より強く働きたいと考える人材だけを集めます。企業にとってはもちろん、転職希望者にとっても、より安心して転職活動に望めるので、転職希望者のために隠したいデメリットもまとめて掲載してしまいましょう。

一見するとどれも似たようなものに見える転職サイトですが、サイトごとにコンセプトはまったく異なります。サイトのコンセプトごとに集まりやすい人材は変わるので、求人を掲載する際は、自分たちが求める人材が集まりそうなサイトを選ぶことが肝心です。はたらいくの場合は、より多くの情報公開やこちらからの求人の提供など、積極的に人材を集めたい企業と、より強く働きたいと考える方に向いているサイトです。求人を掲載するかどうか、一度慎重に考えてみましょう。






リクルートトップパートナー 50,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



CSR活動| 求人掲載総合窓口全国対応 リクルート求人広告ならトップパートナーの「ヒューマンワーク」にお任せ!