<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?ev=6025488588185&amp;cd[value]=1.00&amp;cd[currency]=JPY&amp;noscript=1" />

リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!


タウンワークなどの掲載代理店を利用するにあたっては
ヒューマンワークTOP > お役立ち情報 > タウンワークなどの掲載代理店を利用するにあたっては

タウンワークなどの掲載代理店を利用するにあたっては

求人媒体への広告掲載をサポートしてくれる業者の利用をお考えなら


世の中には、タウンワークなどの求人媒体に対する広告の掲載代理店も存在します。採用活動を行うにあたっては、このような業者を利用するのもおすすめの方法と言えます。こうした場面では、利用する業者の選び方もチェックしておきたいポイントになります。
求人広告は、掲載する前よりも、後からが本番と言っても過言ではありません。したがって、広告を掲載してからのフォローをしっかりと行ってくれる業者を選ぶことが大切です。特に、最近では、応募者を獲得するための競争も厳しくなっているので、応募者へのクオリティが高く、スピード感のある対応が求められます。そのために、応募や問い合わせに対するフォロー体制をしっかりと整えておきたいところです。
例えば、採用担当者が多忙であったり、外出する機会が多かったりする場合や、応募者の数が多い場合などには、担当者以外のスタッフが応募者への対応をすることになるかも知れません。このような場面を想定して、応募者へのフォロー体制を整えておくことも大切になります。
まず、応募者を選考する方法や、採用までのスケジュールをチェックしておきましょう。このような場面では、配属を予定しているセクションの責任者などとも調整を行っておく必要があります。応募者の選考方法としては、面接試験を行う回数や、質問する内容、筆記・実技試験の有無、面接に立ち会うスタッフの人選などがチェックポイントとなります。また、選考試験の結果判定や、応募者への通知、入社などのタイミングを決めておく必要もあります。

広告を掲載してからの応募者に対するフォロー


タウンワークなどの求人媒体への掲載代理店を利用して、採用活動を行うにあたっては、広告を掲載した後、応募者にどのようなフォローをするかも大切なことです。例えば、ライバルとのし烈なサバイバルに勝ち残るためには、応募者に対してスピーディーな対応をすることが求められます。具体的には、応募の電話を受けた後、面接試験の日時を予約するまでにかかる時間を短縮することも大切になります。
こちらは、1回の電話で、応募者に関する必要な情報を収集し、面接日時の予約までの手続きが済むよう、あらかじめ対応の手順・方法を決めておくと良いでしょう。また、応募者の受付を行った後、要点をまとめておくための帳票があると、便利に使用することができます。そして、担当者のスケジュールに合わせた面接日時の予約表を作成しておけば、担当者が不在の時にも、代わりのスタッフがスムーズに、スピーディーに対応することができるようになります。
また、応募者からの電話に対応する可能性のあるスタッフ全員とは、求人募集に関する情報を共有しておくことが必要となります。それに加えて、必要に応じ、担当者が不在であったり、応募者からの電話が集中し、業務が繁忙化したりした時に、代わりに対応するスタッフも決めておきましょう。このような場面では、必要な情報の共有ができてないと、スタッフによって対応の方法が異なり、手続きに無駄な時間やエネルギーがかかったり、応募者からの信頼を失ったりしてしまうリスクが生じてくるので、注意する必要があります。こちらのリスクを回避するためには、関係する社員全員に、掲載済みの求人広告のコピーを配布するほか、必要な情報を提供して、電話対応の際の注意事項や受付の手順・方法などをしっかりと伝えておくことがポイントになります。また、基本的な問い合わせ内容に対する回答のパターンなどは、マニュアル化しておくと、電話対応をする時の利便性が高くなります。

面接試験の準備もきちんとしておこう


この先、タウンワークなどの求人媒体の掲載代理店によるサポートを受け、新しい人材を募集する際には、広告を掲載した後、面接試験の準備もしっかりと行っておくことが大切です。面接では、応募者だけではなく、受け入れ側である企業もチェックされていることを踏まえた上で、準備を進めることがポイントになります。こちらの問題に気を配らないと、せっかく求人案件に応募し、面接を受けに来てくれた人に悪い印象を与え、入社する意思を喪失させてしまうリスクが高くなるので、気をつける必要があります。
とは言うものの、面接があるからと言って、普段では考えられないほどに職場を改変するようなことも避けておくのが賢明です。このような対応をすると、面接から採用、入社までのステップは問題なくクリアしたとしても、本人が働き始めてから、思い描いていたイメージと大きなギャップがあることに気づき、早期退職してしまうリスクが高くなる可能性があります。
そういったリスクを回避するべく、普段通りの職場を見てもらうよう心掛けながらも、書類や道具類を整理・整頓したり、スタッフへの簡単な声かけを行ったりしておくのがおすすめの方法です。






リクルートトップパートナー 50,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



CSR活動| 求人掲載総合窓口全国対応 リクルート求人広告ならトップパートナーの「ヒューマンワーク」にお任せ!