リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. タウンワーク関東版の特徴とは


タウンワーク関東版の特徴とは

タウンワークとは、リクルート社が発行する、フリー求人情報誌です。

その配布場所は、コンビニや駅前などの人通りの多い場所に、ラックに並べて置いてあります。

週に1回更新され、その情報量の多さはフリーペーパーとは思えないほどです。



タウンワークはより希望する勤務地に近いところを、手軽に検索できるように、とても細かいエリア分けがされています。

関東版では33エリアに分けられています。

これだけ細かく分けられているのは関東版のだけです。



33エリアにも細かく分けられているのには、関東ならではの理由があります。

それは、1つの駅の大きさです。

郊外の駅であれば、改札を出て、大きくても東西南北に出入り口がある程度です。

このサイズの駅であれば、1つのエリアにまとめても通勤にも困ることも少なく、移動距離もそんなにありません。



しかし、都内に行くと、状況は一変します。

まず池袋をみていきます。

池袋周辺で求人情報を探そうと思うと、「池袋・北区・川口版」「池袋・東武東上沿線版」「池袋・西武沿線版」の3エリアに分けられています。

これは、池袋駅の複雑な構造と、求人の多さが理由です。

池袋駅には複数の路線が入り交じっています。

そのため、駅の構造自体も複雑で、またとても広いです。

西武線と東武線はJRを中心として、真逆に位置し、その周辺にはメトロの駅があります。

このように複雑な駅の場合、大きなエリア分けをしてしまうと、通勤時間のロスが生じます。

なるべくロスの出ないように、エリアを細分化し、仕事探しをしている人にストレスにならないように工夫してあるのです。



また、求人情報の多さも理由として挙げられるでしょう。

池袋は学生の街としても盛んです。

タウンワーク利用者の多くは学生であるというデータもあるように、学生をターゲットにしている雑誌です。

学生街には飲食店などのお店が多く集まります。

そのため必然的に求人情報も増加します。

タウンワークの1回の号のページ数には限りがあるため、情報量を増やすために、エリアの細分化という方法をとったということです。

その結果、駅周辺だけでなく、少し離れたエリアの求人情報も掲載可能となりました。



このような現象は新宿駅でも、同じように起きています。



今ではスマートフォンやパソコンからも見られるようになったタウンワークですが、利用者の数もとても多いです。

好条件の求人は、掲載されるとすぐに問い合わせが殺到します。

せっかくのチャンスを逃さないように、気になったらすぐに行動しましょう。

タウンワークへの掲載の詳細はコチラ
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内