リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. パートの求人募集はターゲットを絞って掲載をする


パートの求人募集はターゲットを絞って掲載をする

パートの求人募集を載せるには


主婦層を初めとしたパートの求人募集を掲載する事ができる媒体は数多くあります。例えば、アルバイトパート情報誌や、求人募集サイトなどが挙げられるでしょう。これら2つは利用者数が非常に多く、掲載をすることで高い効果を発揮します。パートの求人募集をこうした媒体に掲載するためには、以下のような流れで掲載していきましょう。
まずは、求人を掲載する媒体を決めていきます。ネット募集なのか雑誌募集なのかもそうですが、一概にネット募集や雑誌募集と言っても、様々な掲載企業がありますので、その点も決める必要が有ります。企業によって掲載する金額や期間、掲載できる内容なども異なりますので、企業同士を比較して決めてみると良いでしょう。企業によっては、ネットと雑誌媒体どちらも利用する事が出来る場合もありますので、お得に利用できる場所を探す事がベストです。
次に、企業に実際に申し込みをし、掲載情報を決めていきましょう。掲載できる情報は企業によっても異なりますが、一言コメントや写真を載せることが出来る企業もありますので、別途相談をしてみてください。どんな情報を載せれば良いのか良くわからないという場合は、企業に相談をしてみると良いでしょう。基本情報の他に載せるべき事柄を教えてくれる企業もあり、応募者数をアップさせるお手伝いをしてくれます。
そして掲載された後、応募者が殺到する場合も多いため、対応者を決めておくように心がけましょう。難しい場合は、店舗内に情報を載せたことを連絡し、その都度スピーディーに対応して貰えるように、伝えておくことが大切です。パートの応募の場合は特に、出来るだけ早く対応をした方が、決まる可能性が高くなるでしょう。

ターゲットを絞って情報を載せる


パートの求人情報を載せる際には、ある程度、ターゲットを絞って情報掲載することが重要です。例えば、このような部分で情報を絞ると良いでしょう。まずは、働くことが出来る時間帯です。お子さんが居るご家庭の場合は、お子さんが小学校や幼稚園に行っている間に働きたいと考えているお母さんが少なくないでしょう。朝から夕方までフルに働ける方も居れば、午前中のみ働けるという方もいますので、別途相談になります。募集している時間帯を明確に提示することで、応募をしやすい方が多いでしょう。ある程度融通が利くようであれば、時間帯要相談としておくと、応募が更に増える可能性があります。
次に、週に何回働くことが出来るかです。最低限週に何回は働いてもらいたい、土日のどちらかはでてもらいたい等があれば、事前に求人情報として掲載しておくことが大切です。ただパートの場合は、土日祝日お子さんが休みの時が多く、働けないと言う方もいるでしょう。平日だけでも構わないというようで有れば問題ありませんが、事前に確認をしておかないと、面接の際にお互いに気まずくなってしまう可能性があるでしょう。最低限週に何回働いてもらいたいという事があれば、募集要項に必ず記載をしておくことが大切です。求人情報を掲載すると、非常に応募が殺到する事もあります。そのため、このように、事前にターゲットをある程度絞るように情報掲載をすることで、面接に来る方をある程度ピックアップすることが可能です。出来るだけ効率を良くするためにも、事前に情報掲載できる部分は掲載しておきましょう。

応募にはスムーズに対応


パートの求人募集があった際には、出来るだけスムーズに対応するために、事前に準備をしておくことが大切です。例えば、このような方法で対応するようにしましょう。まずは、店舗スタッフ全員に、募集をかけた旨を伝え、応募者からの連絡があった際の対応方法を伝えておきます。応募者の名前、連絡先を聞き、折り返すように伝えるか、その場で面接日程を調整するために、ノートなどを用意しておき、応募者とスケジュール調整をしてもらうようにしましょう。ノートに記入しておくことで、面接担当者が見ることが出来ます。ノート記入の方法をとる際には、面接の時間と応募者の名前を明記しておくなど、後から見てわかりやすいように記入をしてもらうと良いでしょう。履歴書など、持ち物が必要であれば、持参する旨を伝えてもらいましょう。ブッキングしてしまわないように、カレンダーなどを用意して記入してもらう方法もおすすめです。
折り返しの方法を採る場合は、出来るだけ早く折り返しをするようにしましょう。最初から連絡先を、面接担当者の電話番号にしておく事もおすすめです。ケータイ電話を持って行けるような環境であれば特に、その都度対応することができるでしょう。ただ、残念な事にいたずら電話などがかかってくることもありますので、掲載する電話番号は、個人携帯ではない方がベストです。社用携帯などが有る場合は、そちらの電話番号を求人情報に記入するようにしてください。このように、応募には出来るだけスムーズに対応することが出来るように、事前準備を行っておくようにしましょう。

一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内