リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. フロムエー掲載で迅速確実満足の人材確保を


フロムエー掲載で迅速確実満足の人材確保を

理想通りの人材確保は初動が決め手



企業の求人募集のスタイルも、インターネットの普及と関連通信機器の飛躍的な進化の中、驚く程のスピードで変化を続けています。遠い昔に手書きの履歴書を一生懸命清書捺印から、近所の写真館で緊張の面持ちで撮影した写真を添付して郵送した企業に今も勤務を続けておられる世代にとっては、異次元の話だと言っても過言ではない程です。高校大学専門学校に通うご子息が就職活動に勤しむ姿を見守るも、そのシステムに戸惑うばかりだと苦笑いの保護者の方々も数え切れません。

そうしたいわゆる「土俵の急変」に対し、より優れた人材を確保したい、採用する企業側の思いは不変です。少しでも多くの求職者の目に自社の募集情報を届ける初動がなければ、理想に沿った青写真通りの人材確保はかないません。自ずと「どこに情報をどのような手法で露出するのか」なる、重要なポイントの見極めからの迅速な実践が不可欠です。

当然より多くの応募件数を誇る媒体への掲載が鉄則であり、より信ぴょう性が高いデータの確認作業が外せず、結果導き出される媒体がフロムエーである事もまた、多くの採用担当者にとっては周知の事実です。ちなみにこの媒体は若い世代にスポットを当てたアルバイト・パート求人に際して圧倒的な応募件数を誇るのみならず、旧来の二次元の紙面上では物理的に不可能な、インターネットならではのメリットを最大限駆使した求人情報配信でも注目されています。

手元のパソコンやスマホを通じ、リアルタイムで最新情報をさまざまな優先条件から検索可能な機能、さらには動画を用いた勤務環境紹介など、応募者が知りたい情報を的確に伝える配信で、圧倒的な実績を積み重ね続けており、今後も企業側そして応募者側からのニーズは更に、右肩上がりを続けるであろう事は間違いありません。



重要な募集職種と掲載アイテムのマッチング



「適材適所」なる四文字熟語が最も当てはまるのが、人材募集なる自社の将来に直結する大切な作業です。自ずと募集職種に対し、年齢や資格の有無、実社会での経験値など、採用する企業側が求める条件はさまざまですが、ここで大切なのが募集職種と掲載するアイテムとのマッチングです。たとえが少々極端になるかと思いますが、10代の若者たちの超短期アルバイト人員を速やかに確保する際に、1週間単位で刊行される無料配布求人誌や、さらには新聞の求人欄に掲載すれば、明らかにミスマッチです。反対にいわゆる60代70代の高齢者も募集可を謳う場合、インターネット上で求職者自身が検索作業を行う必要が生じる掲出では、当然成果は期待できません。今日求人募集もインターネットとの密接な関連性が避けられないのは事実ですが、肝心の応募者がそれを駆使できない、あるいは配信する情報にたどり着けないような掲出では本末転倒です。

主に若い世代対象の求人情報で圧倒的な成果を誇るフロムエーですが、上記の高齢者対象の求人情報に対しても、募集する企業の公式ホームページ経由で簡単にアクセス可能な画面設定など、パソコンが苦手な世代でもより確実に情報閲覧が可能な環境を整える事で、地道ながらも着実な成果を上げています。こうした優れたツールを柔軟に活用するのも採用担当者の腕の見せ所であり、フロムエー側とのコミュニケーションを通じ、ぜひ自社にとってベストな手法を構築から実践いただければ幸いです。まずは社内での十分なミーティングから明確なビジョンを見据える作業からスタートしてください。



幅広い求職者が着目する求人アイテム



ここではフロムエーを用いた求人募集が、具体的にどのような求職者によりマッチするのか、具体的に検証を進めます。何よりインターネットならではの最先端の機能を最大限活かす、独自の求人情報の配信が大きな魅力ですので、パソコンやスマホでの通信環境を有する人たちが自ずとターゲットとなります。求人情報イコール冊子ではなく、条件反射的にスマホに手が伸びる世代といえば、自ずと10~20代の若者、さらには学生が中心となります。ならば当然、フリーターやアルバイターが中心となる展開は申すまでもありません。

さらに企業側の希望として、例えば全国で多店舗展開中で地域を限定せずに一斉募集をかけたい場合にも、掲載から配信が効果的となります。冊子等での地域限定での掲載とは違い、採用条件面は共通で全国一斉に募集がかなうメリットは、インターネット上の募集だからこそ活用が可能です。そして旧来の文字限定での説明ではなく、写真から動画を用いた職場環境紹介を通じ、応募時点で求職者側により正確な事前情報を提供から検討を仰ぎ、結果双方にとってミスマッチのリスク回避がかないます。

インターネットが普及する前、求人募集記事への応募に際しては「こっそり下見が欠かせない」なる定説が存在していました。いざ当日面接に出向いてみれば、謳い文句や想像とはかけ離れた職場環境に戸惑い、結局きびすを返してしまう応募者も潜在的に少なくありませんでした。採用企業と応募者双方によって残念極まりない、こうした展開の回避に際し、写真や動画の掲載配信は大変有意義です。今後もさらに幅広い求職者に対応すべく、進化を見せてくれる媒体に違いありません。

フロムエーナビへの掲載の詳細はコチラ
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内