リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. ホットペッパービューティー掲載時に気を付けるべきこと


ホットペッパービューティー掲載時に気を付けるべきこと

誰を相手にした宣伝にするかを考える



サロンの中でホットペッパービューティーに掲載して集客しようと考えている経営者もいるでしょう。ホットペッパービューティーは多くの人が利用している媒体ですが、ただ単にお店のことを掲載すれば集客が見込めるかというと決してそんな簡単なことではないです。しっかりとした戦略を練って、掲載手法を考えることです。そのためには、まず誰をターゲットにするか明確にしましょう。

実はサロンを見ると、ターゲットをどこにしているかあいまいにしているお店が多いです。ホットペッパービューティーを見ても「幅広い年齢層に人気」と書かれているものが多いです。いろいろなお客さんに来てもらったほうが、収益も上がるだろうと思うのはわかります。しかし対象を限定したほうが、その対象に含まれる人の目に留まりやすいです。年齢・性別・職業・ライフスタイルを絞り込みましょう。そしてどんなことに悩んでいて自分のお店にやってくるのか、お店に来てどうなりたいのかなどをシミュレーションしてみることです。

ここまで具体的にターゲットを決めて、その人にピンポイントになるようなメッセージを送信するのです。そうすれば、より該当する人の心に響きやすいのです。幅広い年齢層をターゲットにしてしまうと、あたりさわりのないありふれたコピーになってしまいがちです。その結果、ほかのお店の宣伝に埋もれてしまって目立たなくなってしまいます。「どうやったら多くの人に響く広告になるか?」この部分を意識して、掲載内容を検討することです。



キャッチコピーで関心を引くことが大事



ホットペッパービューティーでは様々なお店が宣伝しているのですが、一般的な傾向としてこれというわかりやすいキャッチコピーが見られないです。結果的にインパクトがあまりなくて、読者が目を通していても記憶に残らないという残念な結果になってしまいます。そこでキャッチコピーを考えてみることも大事です。

キャッチコピーを考える場合、2つのポイントを明確にするとイメージもわきやすくなります。それが「誰にお勧めか?」「そのお店で施術を受けるとどんな特典があるのか?」の2つです。この2つに対する答えを考えると、キャッチコピーの原型が作りやすくなります。特典を考える際に、漠然と「痩せます」というあいまいな表現だとどうしてもインパクトに欠けます。そこでおすすめしたいのが、数字を活用することです。例えばダイエット効果を売りにしたいと思っているのであれば、「1回の施術でウエスト最大マイナス5cm!」と書けば、より多くの人の目に留まりやすくなるでしょう。ホットペッパービューティーに掲載するサロンなどの場合、美に対する施術を中心にしているでしょう。ただし、ホットペービューティーの媒体規定で記載できないフレーズがあるので、それらを考慮して考える必要があります。

ですからお店を訪れたいと思っている人は、自分の外見に何らかのコンプレックスを抱えているはずです。そこでコンプレックスを直接つくようなコピーは避けたほうがいいです。例えば小顔効果の期待できる施術が売りであれば、「顔が大きくてお悩みの方」とストレートに記載してしまうと読んでいる人の気分を害しかねません。いかに見ている人の気分を損なうことなく、自分のお店の魅力を伝えるかも重要なポイントです。



写真の良しあしは集客に大きく影響する



ホットペッパービューティーには、写真を掲載できます。サイトを見ても、何枚もの画像を載せているお店もたくさんあります。実はこの写真のクオリティのできしだいで、集客が見込めるかどうか決まるといわれています。写真ですが、コンセプトによって乗せるべき内容も若干異なります。ホットペッパービューティーを見てみると、サロン内の写真を載せているお店が多いです。しかし店内の様子を載せないといけないルールはないのです。

例えば施術しているところの写真を使ってもいいでしょうし、どんな人が担当しているかスタッフの顔写真を載せる方法もありです。同じ写真であっても、アングルや色合いを少し変えるだけでも見た目の印象がだいぶ変わってくることもあります。そこでいくつかのパターンの写真撮影をしておいて、選択肢を多く用意しておくといいでしょう。あとこの写真撮影をする際に、先ほど紹介したキャッチコピーとマッチしているかどうかも気にしましょう。実はこの部分がちぐはぐになっているケースもあります。

例えばターゲットをアラフォーの大人の女性にしているのに、写真がカジュアルすぎるとどうしてもバランスが悪いです。大人の方が気軽に訪れることのできるような、落ち着いた気品のある写真が好ましいです。またキャッチコピーがいかにもラグジュアリー・ゴージャスな感じを前面に出しているのに、写真はシンプルな印象・こぢんまりしていると違和感があります。このようにキャッチコピーと写真の印象が首尾一貫しているかどうかも意識しましょう。ホットペッパービューティーに掲載して集客効果を高めるなら、しっかりとした戦略を練ることが大事です。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内