リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. リクナビを利用する上でのためになる情報


リクナビを利用する上でのためになる情報

いい人材を集めるためには求人広告をしっかりと


企業の採用担当者の方は優秀な人材を集めるために多くの努力をしているとは思いますが、実際には何に魅力を感じて応募をしてくるのか、どうして働きたいと思ったのかについて企業目線ではなく、働き手の気持ちを考えた上で求人広告を作ることが大切です。
応募者というのは働くことができればどこでもいいというわけではなく、応募してきた理由というのが必ず存在します。たとえば、仕事の内容や賃金、仕事場の環境、待遇などを見て応募をしてくることが一般的です。社員を雇用してもすぐにやめてしまうという悩みを持っている場合、応募してきた時に持っていた期待と実際に現場で起きているギャップがありすぎてやる気がなくなり、長く続かないという理由が考えられるのです。つまり、応募者が働くうえで期待をしていた内容に仕事内容がしっかりとマッチできていれば、多少他の条件がきつい場合でも、継続して働くことが可能なのです。

では実際にどのような内容をアピールすれば良いのかということですが、まずは働き手にとって自社の魅力とは一体何なのかということや、ここで働くことでどういったことを得ることができるのかという内容をしっかりと整理することが大切です。すでに持っている魅力な部分に光を当てることでより企業への興味や関心を持ってもらうことができます。
多くの方に求人情報を見てもらいたいと考えるのであれば、単純に自社のホームページに人材募集コーナーを設けるだけではあまり意味がありません。その企業のホームページに来ている人はすでにその企業に興味がある場合が多いためその企業に勤めたいという強い意志を持っている方はしっかりと見てくれるでしょうが、業界に興味はあってもその企業を知らない、という方に見てもらうためにはホームページに採用ページを作成するだけでは不十分なのです。

より多くの方に応募してもらいたいと考えるのであれば、たとえばリクナビに出すなどの工夫をする必要があります。多くの人に見てもらうにはリクナビのような大手サイトに登録するのが一番の近道です。しかし、リクナビにも単純に載せればいいというものではありません。どんなに高額で大きな枠に掲載をしたとしても、応募者の印象に残らなければ、応募してくる人は少なくなります。応募者の印象に残るような広告を出すためには、この企業で働きたいと思ってもらえるようなイメージを持ってもらうことが大切なのです。リクナビではコピーや文章等をしっかりとアドバイスしてくれるため安心ができます。自社のアピールポイントを理解し、どういうことを伝えたいかを掘り下げて考えることが重要です。

リクナビで人材獲得競争を勝ちぬくためのポイント


求人広告というのは掲載してからが本番と言っても過言ではないでしょう。特に、昨今は応募者獲得の競争も厳しいと言われているので、応募者対応の質やスピード感はとても重要です。しっかりと応募や問い合わせに対する姿勢を整えておく必要があります。人材獲得競争を勝ち抜くためには事前の準備をしておく必要があります。
事前準備のポイントとして挙げられる点は、まずは選考の仕方や採用までの予定をチェックするという点です。すでに選考方法やスケジュールが決まっているという場合でも、配属予定先の責任者などと調整をして、予定を再チェックしておくことが大切です。

次に応募受付や面接予約の手順や方法の設定ですが、応募者からの一回の電話で応募者の情報はしっかりと押さえておきましょう。面接の日時予約までできるように手順や方法についてしっかりと決めておくことで効率的になります。
また、要点をまとめた応募受付票や面接予約表を作成しておくと担当者が不在の場合でも代行者が対応しやすくなるので便利です。次に関係する社員と求人募集の情報の共有ですが、応募者の電話を受ける可能性のある人たち全員に、求人の募集を行っていることを伝えます。また、必要に応じて担当者が不在の時の代行者も決めておくようにしましょう。
上記のように、人材獲得競争を勝ち抜いて、優秀な人材を手に入れたいと思っているのであれば、やはり準備をしっかりと行うことが必要になります。

トラブルを防ぐための採用現場での応募者対応


求人サイトを利用していると、不採用をしたのに何度も応募をしてきて困っているというような応募者への対応も必要になります。このような場合に対応できる方法を紹介します。

まずは何度も応募してくる方のお断りはしても大丈夫かということですが、結論から言うと、断っても問題はないようです。しかし、その際に応募に対するお礼や真摯に選考を行った結果であること、希望に添えないことは大変残念であるということを併せて伝えることが重要になります。誠意の見える対応を加えるとより良いでしょう。

次に不採用の理由を聞かれた場合に答えないといけないかどうかという点ですが、不採用の場合、必ず答える必要はないとされています。応募者にとっては大変気になる点ですので、こういった場合には不採用の理由については公開していないことを丁寧に伝えるようにしましょう。
これらの内容を間違ってしまうと、トラブルが発生するということも考えられます。しっかりと誠意を持って対応することでトラブルを回避することができます。



リクナビへの掲載の詳細はコチラ
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内