<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?ev=6025488588185&amp;cd[value]=1.00&amp;cd[currency]=JPY&amp;noscript=1" />

リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!


リクナビネクストの掲載料はどれくらい?どう変わるの?
ヒューマンワークTOP > お役立ち情報 > リクナビネクストの掲載料はどれくらい?どう変わるの?

リクナビネクストの掲載料はどれくらい?どう変わるの?

リクナビネクストの掲載料とは


企業が採用活動をするとき、自社のホームページでアピールしたり、大々的に広告を打つことがあります。もちろん自社だけでアピールをしている企業も多くありますが、それでは見る人も非常に限られてしまうため、とても効率的とはいえません。そんなときに利用されるのが、リクナビネクストのような、大手転職サイトのネットワークです。
大手転職サイトに自社の情報を登録することによって、全国のさまざまな転職希望者たちがその情報を見て応募してくれるということを期待できます。本来自分の会社のことをほとんど知らなかった転職者であったとしても、その情報を見て興味を持ってくれ、応募をしてくることもあるでしょう。企業と転職者のマッチングをさらに効率的にしてくれるサービスといえます。特にリクナビネクストのように大きなサイトでは、転職者の多くが企業をチェックしにアクセスします。だからこそ、企業情報を掲載することに大きな意味があるのです。
しかしながら、こうした転職サイトに掲載するとき、企業側の掲載料が無料ということはもちろんありません。転職者側は無料で使うことができますが、企業側は転職サイトにある程度の掲載料を払うことが決まっています。その金額は情報量や掲載期間などによって変わりますし、そのほかにもさまざまなオプションをつけることによって変化するため、一概にいくらとはいい切れません。地方だけで募集するのか、あるいは全国的に募集するのかでも大きく変わってきます。
詳しく金額を知りたい場合は、各転職サイトのホームページで確認してみるとよいでしょう。金額を明示してくれているところが多いですし、問い合わせれば見積もりもしてくれることでしょう。自分たちの要望に合わせて融通が利くところも多いので、相談だけでもしてみる価値があるはずです。

転職サイトに掲載するメリット


転職サイトに自社の情報を掲載するには掲載料が発生し、当然時間と手間もかかります。しかしながら、転職サイトに掲載するにはそれなりのメリットがあるため、多くの企業が積極的に登録しているということがあります。
いちばん大きなメリットは、多くの転職希望者に一気に出会う機会が増えるということでしょう。自分たちの企業だけでアピールしているだけでは到底出会えない全国の転職希望者たちに、自社を知ってもらうことができるのは大きなメリットです。それだけ、マッチングする可能性が高まるからです。たとえば大手転職サイトであるリクナビネクストは、転職者の約8割が利用しているということがわかっており、ここに登録するだけでも大きく差が出ることになります。
こうした多くの転職者に自分たちの力だけで自社を見てもらおうとすると、実際のところはかなりの時間と労力、そして費用がかかり、企業にとってとても大きな負担がかかります。しかし、転職サイトに登録するだけでこうした手間が大幅に省くことができます。たしかに掲載料はかかりますが、自分たちで広告を打って採用活動をしようとすればそれ以上にお金がかかることもありますから、選択肢の一つとして検討する意味はあります。
そして、もう一つメリットとなるのが、採用活動の効率が上がるということです。リクナビネクストなどの転職サイトでは、企業側の情報を企業の思い通りに掲載してくれるのはもちろんのこと、募集したいターゲットについても細かく指定することができます。こうした細かな設定をおこなうことで、最初から自分たちの企業に合う人材を募集することができるようになり、転職者たちとの食い違いを少なくすることができるのです。

転職サイトを選ぶポイントとは


転職サイトに自社を掲載することには、非常に多くのメリットがあります。多少の掲載料がかかったとしても、多くの転職者に出会えることや採用効率のアップなどを踏まえると、十分に効果を実感できるため、自分たちで採用活動をするよりずっとお得に感じられることでしょう。
しかし、現在転職サイトといわれるウェブサイトは非常に多くあるため、どこに掲載するのが適切か迷うこともあるのではないでしょうか。複数のサイトに掲載することももちろんできますが、ある程度的を絞らなければ、情報過多になってしまったり、なにより多くのコストがかかる羽目になってしまいます。そこでいくつかのポイントを踏まえ、転職サイトを選ぶことをおすすめします。
いちばん気にしておきたいのは、自分たちが求めている転職希望者たちにどれだけ多く合えるかということです。たとえばリクナビネクストでは、転職希望者の約8割が見ているということもあり、たくさんの転職希望者たちが、自社の情報を見てくれる可能性が高まります。また、実際に登録している転職希望者たちのユーザー層も確かめておくとよいでしょう。自分たちの業種や職種が求められているかどうかがわかります。
積極的に採用活動をおこないたい企業は、こちらに関心がある人たちに積極的にアプローチができるサービスがあるところを探すのもよいでしょう。近年の転職サイトでは、自社の情報量をコントロールできるところも多くありますし、自分たちのページを見てくれた転職希望者たちにメールを送る機能もあります。興味を持ってくれた転職希望者たちと積極的につながることによって、より効率的な採用活動をすることができる可能性が高くなります。






リクルートトップパートナー 50,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



CSR活動| 求人掲載総合窓口全国対応 リクルート求人広告ならトップパートナーの「ヒューマンワーク」にお任せ!