<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?ev=6025488588185&amp;cd[value]=1.00&amp;cd[currency]=JPY&amp;noscript=1" />

リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!


リクナビネクストの料金や利用したい企業と代理店について
ヒューマンワークTOP > お役立ち情報 > リクナビネクストの料金や利用したい企業と代理店について

リクナビネクストの料金や利用したい企業と代理店について

リクナビネクストの料金について


日本には数多くの企業があります。業種も様々で、例えば製造業、通信業などを営む会社も多いです。日本で活躍する企業は多いですが、その中には社員の雇用を検討している管理者もいます。企業では様々なサービスを提供しているため、管理者一人では顧客に満足してもらえるサービスを提供することは難しいでしょう。そのため、会社を辞めた人がいるなら、その人の分の仕事をしてくれる人を雇用しなければならないでしょう。また、新しく事業展開をする時も人材を補い、その事業を支える社員を雇用する会社も多いです。
雇用をするためにはまず募集をしていることを知ってもらわなければなりません。そのため、企業の中にはリクナビネクストなどに求人広告を掲載して求職者からの応募を待つ人もいます。求職者からの応募が増えれば増えるほど、企業は求める人材獲得を実現できるので、一定のメリットを得ることができます。しかし、掲載には料金がかかるので、求人広告を載せることを検討している人の中にはどれぐらいの料金が必要なのか予め知っておきたいと考える人は少なくないでしょう。リクナビネクストで掲載する時は掲載する都道府県、掲載期間、プランなどで料金が変動します。例えばリクナビネクストでは全国で募集をかけることもできます。例えば飲食店の中には全国展開をしてチェーン店を運営する会社もありますが、それぞれの店舗で人手を必要と考える管理者の中には全国募集をかける人もいます。全ての地域に募集をすることになるため料金は比較的高くなります。一方でリクナビネクストではエリア限定で求人をかけることもでき、関西や関東、東北や沖縄それぞれで値段が異なるため、料金を知る時はまず自分がどのような都道府県で求人広告を掲載したいのかを知ることが求められるでしょう。都道府県だけでなく、掲載期間でも異なります。もし掲載期間が長いものを選択すれば、その分見てもらえる日数が増えることになりますので、少ないものに比べて高くなります。短いものは長い期間掲載できるプランよりも安く利用できますが、掲載し直しをすると逆に長い掲載期間のプランよりも高くなってしまう可能性もあるので、料金だけを見るのではなくこの期間で効果を得られるのかを企業の中で話し合いをして掲載するようにします。料金はその他にも掲載するサイズで変動します。例えばサイズが大きいとフリーデザインなどを入れることができます。また、小さいサイズでは写真などの素材を入れることは難しいですが他のサイズに比べてリーズナブルな料金で利用することが可能です。

リクナビネクストが適している企業について


日本には求人広告のサービスが複数あり、リクナビネクストの他の求人サービスを選択する人もいます。では実際にどのような企業がリクナビネクストでの求人広告掲載に適しているのでしょうか。例えば、経験や資格を持った方を雇用したい時はリクナビネクストを選択する企業は多いです。他の求人サービスとは異なり、リクナビネクストは転職者の多くが選択する求人広告になります。転職者は初めて就職する人とは異なり、以前の会社で経験を積んだり、資格などを取得したりしている人は多いです。
一方、企業では転職者を雇用することで、以前積み上げた経験や資格を活かして短期間で即戦力になってくれる可能性が高く、新人教育などを設ける必要性が少なくなります。実際に転職者の約8割がリクナビネクストを利用しているので、このような経験がある人材を雇用したい企業に向いている求人広告になります。その他にも積極的な採用活動を行いたい企業に適している求人サービスになります。例えば、メールマガジンやダイレクトメッセージなどを送信することができ、スカウト機能なども搭載されているので、他の転職サイトなどを利用するよりも積極的な採用活動を実現することができます。

初めて掲載を検討している方へ


企業の中には初めてリクナビネクストへの掲載を考えている人も少なくないでしょう。今まで離職率が少なく、採用活動は新卒者だけの企業なども存在するので、転職者を採用する機会が少ない会社もあります。しかし、定年退職などをする人が多く、初めて転職者の雇用を考えている企業もいます。初めて掲載をする人の中にはどのように求人広告の原稿を作成すればいいのか分からない人や、リクナビネクストのどのようなプランを選択すればいいのか迷っている人もいます。
困りごとが多い企業は人材事業を専門とした会社の利用を検討してみましょう。求人掲載をする企業のサポートを総合的にしてくれるところが好ましいです。原稿作成を打ち合わせ後に作ってもらうことができ、採用課題や掲載時期、予算なども実際に企業まで足を運びヒアリングしてもらうことができるので、利用すれば初めて掲載する人でもスムーズに掲載することができるでしょう。






リクルートトップパートナー 50,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



CSR活動| 求人掲載総合窓口全国対応 リクルート求人広告ならトップパートナーの「ヒューマンワーク」にお任せ!