リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. 効果的な求人広告は正しい媒体選びから


効果的な求人広告は正しい媒体選びから

求人募集の種類



優秀な人材の獲得と長期の定着は、人事担当者にとって大きな課題の一つです。そのためには労働環境の整備や人材育成のための研修の実施など、社内での努力も不可欠です。しかし人材を確保するためには社外に向けて求人をしなくてはなりません。さまざまな求人方法がありますが、効果的なのは求人媒体に広告を出すという方法です。

求人媒体とは人材確保のための広告を掲載する雑誌やWebサイトを指します。この求人媒体の選定はとても大事です。間違った選び方をすると、思うほど応募が集まらなかったり、採用にまで至らないというようなことが起こります。数多くの求人媒体の中から最適なものを選ぶためには、考慮すべきポイントがあります。例えばその求人広告に興味を持ってもらいたいターゲット層や用意できる予算、中途採用か新卒かなどのあらゆる要素を加味する必要があります。

都道府県の労働局が管轄する職業紹介所を利用するという方法があります。無料で求人情報を掲載できるということが大きなメリットです。事業所を登録し、求人の申し込みをすると、職業紹介所に設置されている端末にその内容が反映されるシステムです。しかし少し手間がかかる上、ピンポイントで求めるターゲット層が応募してくるとは限りません。また大学や専門学校を介して人材を募る方法も無料です。どちらの方法も求人のための予算があまりない場合におすすめです。

人材派遣会社を活用することもできます。派遣会社と雇用契約を結んでいるスタッフを、限られた期間だけ派遣してもらう形です。料金は時給制のことが多く、派遣会社に支払います。必要な時だけ雇用する一般派遣と、最長6カ月の派遣期間終了後、双方の合意のもと社員として登用する紹介予定派遣があります。



紙媒体とWeb媒体



以前は求人広告と言うと新聞の求人欄や折り込みチラシ、書店などで売られている雑誌が主流でした。今でもこれらの紙媒体を使って人材を募集することは、一定の効果が認められます。求人情報誌に関しては有料のものよりフリーペーパーが増えていて、駅や外食店の店頭など人の目に触れやすい場所に置かれています。地域ごとに分かれたエリア版もあり、配布エリアを考慮した求人広告を載せることも可能です。料金は掲載する広告の大きさなどにより異なり、求める人材を雇用できたかどうかにかかわらず、料金は発生します。

大学生や専門学校生を中心とした若い世代をターゲットにした求人広告は、Web媒体を利用すると効果的です。インターネットで情報を収集することが当たり前になっている人にとって、紙媒体に比べて圧倒的に情報量の多いWeb媒体は利用しやすいと考えられます。オフィスの写真や先輩社員のインタビューなどを掲載することで、職場の雰囲気などもわかりやすく伝えることができます。企業側から気になる人材にコンタクトを取れる機能などもあるので、応募数がある程度確保しやすいと言えます。ただし紙媒体と同様に採用に至らない場合でも料金は支払うことになります。

SNSを利用して求人をすることもできます。特に若い世代はSNSで情報を収集するだけでなく、共有したり拡散したりするので、イメージ戦略として公式のアカウントを持っている企業も多数あります。そのアカウントをフォローしてもらい、定期的に採用関連情報などを届ける方法は効果が期待できます。内定者とは相互フォローすることにより入社前に不明点などを解決することもでき、企業側としては内定者の投稿から性格や趣味嗜好などを把握することもできます。またSNSには国境がないため、海外での採用活動にも利用することが可能です。



求人媒体の利用



SNSで人材を獲得することは効果があるのですが、継続的に情報を届けたり質問に答えたりすることは、手間のかかる仕事でもあります。その点Webや紙の媒体なら一度広告を載せると、常に情報を更新し続ける必要はありません。でも効果的な求人広告を掲載するためには、まず媒体を選ぶことが必要です。媒体には特定の職種や地域に絞った特化型と、業種や職種を限定しない総合型があります。どちらが向いているかは取り扱う情報が違うので、一概には言えません。企業側が求める人材によって使い分けることができますが、最初は大勢の人が目にする総合型を選ぶ方が無難です。

また人手不足の解消や事業拡大のために中途採用をするのか、それとも将来のために新卒者を募集するのかによっても選ぶ媒体が違ってきます。社員を求めているのかアルバイトが必要なのか、費用はどれぐらい計上できるのか、未経験者でも応募できるのかなど、欲しい人材のターゲットを明確にすることは、重要なことです。

これらすべての要素を企業の人事担当者が考慮し、それに見合った媒体を選ぶことは大きな負担です。そこで、効果的な求人広告を出すために、媒体選びの窓口となる会社に依頼するという方法もあります。最適な媒体の選定だけでなく、原稿案の作成など、採用活動に伴う煩わしい作業を手助けしてくれるので、人事担当者の負担を大幅に軽減させることができます。より良い人材を確保するためにも、求人広告に関するノウハウを積み上げてきた会社をパートナーにすることは大きなアドバンテージとなります。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内