リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. 各求人媒体を利用するメリットなどをご紹介


各求人媒体を利用するメリットなどをご紹介

採用活動を行うに際してチェックポイントの一つとなる求人媒体の種類について



企業やショップの採用担当者として、新しい人材の募集を行うにあたっては、利用する求人媒体の種類にも気を配ることが大切です。こちらは、冊子や新聞など、紙仕様のアナログ媒体と、求人情報サイトや自社のホームページなどのデジタル媒体に大別することができます。

インターネット時代とも言われる現代では、採用活動にもデジタル媒体の使用される機会が多くなっていますが、アナログ媒体にも、デジタル媒体にはないメリットがあります。したがって、これから採用活動を始めるにあたっては、2種類の媒体のメリットとデメリットをそれぞれ理解した上で、一つひとつの会社・店舗の適性やニーズ、希望条件にマッチした方を選択することが大切です。

求人媒体の中でも、冊子や新聞など、アナログ仕様の紙媒体を活用した採用活動は、地域性の高いシーンで多く目にします。こちらは、該当する地域に住んでいる人や通勤・通学している人など、何らかの縁がある人たちに、年齢や性別の違いにかかわらず効果の見込まれる媒体と言えます。また、求人広告として、新たな人材を募集するだけではなく、企業やショップの取り扱っているサービスや商品を宣伝し、集客活動を行うためにも利用することが可能になります。こういったメリットがあることから、地域に根差したビジネスを展開している会社や店舗には、おすすめの媒体と言うことができます。



アナログ媒体とデジタル媒体の違い



求人媒体のタイプは、アナログとデジタルに大別されますが、その内、前者は、求人募集の対象となるエリアが狭い範囲に限定されるという問題点が存在します。また、アナログ媒体の場合、紙面の都合上、掲載することのできる情報の量が少なくなる傾向にあります。こういった意味合いからすると、地域にこだわりがなく、より多くの求職者を対象として、より多くの情報を伝えたいという場合には、不適切な媒体となる可能性があります。

次に、求人情報サイトや自社のHPなど、デジタル媒体には、紙仕様の媒体と比較して、掲載可能な情報の量が多いほか、情報を発信する地域の制限も受けないというメリットが存在します。こちらは、自社で募集している求人案件に関する詳細な情報を伝え、詳しくチェックしてから応募してほしい場合、地域にこだわらず、数多くの応募をしてもらいたい場合におすすめの媒体です。

その一方で、デジタル媒体にも、それなりのデメリットは存在します。例えば、求人情報は、特定のサイトを通じて発信することとなるため、そのサイトを訪問したユーザーしか募集対象とならないという問題があります。また、求人サイトなどを利用して、お目当ての求人情報をチェックするために、一定の条件で検索をかける機能を利用すれば、便利に、効率良く仕事を探すことができます。ただし、こちらの機能を使用するためには、それなりの環境・機器を用意し、使い方を理解している必要があります。そのため、紙仕様の媒体と比較して、目的とする情報へたどり着くための難易度が高く、偶然の出会いを期待することが難しくなります。こういった事情から、求職者の中でも、確固たる目的意識がある訳ではなく、漠然と仕事を探したいと考え始めた人などをターゲットとして採用活動をするのが比較的難しいという問題があります。



求人媒体への広告掲載とその後の対応



アナログとデジタルでは、どちらの求人媒体を利用する場合にも、それぞれのメリット・デメリットがあります。採用活動を行う際には、そのあたりの事情を踏まえ、自分の会社・店舗に合った媒体を選ぶことが大事です。

次に、入念な準備を行って、求人広告を掲載したとしても、採用活動はそれで終わりという訳ではありません。むしろ、本格的な採用活動は、掲載してから始まると言っても過言ではありません。とりわけ昨今では、応募者を獲得するために、ライバルである企業やショップ同士で、し烈な競争が展開されています。このような状況の中では、応募してきた人材に対して、クオリティの高いスピーディーな対応をすることが大切です。そのためには、応募や問い合わせに対するしっかりとした体制を整えておくことがポイントになります。

続いて、採用活動を行い、求人案件への応募があり、採用試験をパスして一緒に働く人が決まった場合には、その人にとって、スムーズに、スピーディーに仕事を始めることができるよう、フォローすることが大切になります。こちらの問題に気を配らないと、採用はしたものの、新しいスタッフがスタートの段階でつまずいて、短い期間の内に退職してしまうというリスクが高くなるので、注意する必要があります。具体的には、社員証やタイムカード、デスク、制服、道具などを用意・支給するなど、さまざまな面で採用者のバックアップをすることがポイントになります。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内