リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. 正社員募集の求人広告での本質を理解すべし


正社員募集の求人広告での本質を理解すべし

それぞれの媒体の求人広告の特徴とは



正社員募集の求人広告を打ち出すにあたって、まずはどの媒体を選択するかを考えないといけません。それぞれの媒体には特徴があります。メリットもあればデメリットもあるからこそ、合っているかどうかについて考える必要があります。インターネット求人サイトの場合は多くの情報の掲載が可能で、動画でのアピールも可能となります。さらに、24時間応募対応ができて、携帯電話やスマートフォンを持っていれば簡単にチェックできるのも大きいでしょう。ただ、掲載コストが比較的かかるとともに、知名度の低い会社は不利になる可能性が高くなります。ターゲットになるのはやはり日常的にインターネットを活用する若年層です。

紙媒体の場合は掲載が終了しても手元に残り、地域に密着した会社なら応募者が集まりやすいのが特徴です。デメリットとなるのは情報量が限られて、広範囲での利用は高額なコストにある点です。ハローワークの場合は費用が発生しないのが最大のメリットになります。ただ、希望に合う人材の応募は多いとは言い難いでしょう。人材紹介会社は完全成功報酬型であるため、コスト面でのリスクは少なくなります。

それぞれの媒体にはどういった特徴があるのかを把握した上での選択をすれば、後悔することはなくなるでしょう。正社員募集の求人広告ならどうしてもお金はかけないといけなくなるものの、どのくらいのコストを掛けられるかどうかはそれぞれで異なるものです。極端にいえば、コストを掛けるか抑えるかの選択になります。このバランスを考えた上で、求めている年齢層も加味しての選択が望ましいです。少なくとも、これらの特徴を加味していないと、余計なコストがかかる理由になりかねません。



応募者を増やすためのコツは3つ



正社員募集の求人広告を打ち出すのなら、当然ながら少しでも応募者を多くしたいと考えるはずです。応募者が多くなれば確実に求めている人材を獲得できる訳ではないものの、少なくとも可能性が高まります。他業種はもちろん、同業他社に負けない求人広告を打ち出すことが大きなポイントになるのは間違いありません。まず明確にすべきは、どういった人材を獲得したいかです。目的がぼやけてしまうと理想的な人材と巡り合える可能性は低くなるのは言うまでもありません。例えば、何かの資格を有している人材を求めているのなら、資格所得の有無を条件に加えると良いでしょう。さらには、経験が豊富な人材を求めるのなら、経験年数を加えるのも悪くはありません。明確な目的を見る側がしっかりキャッチできるように工夫しましょう。

また、キャッチコピーは目立たせるのが基本となります。採用したいターゲット層を意識したキャッチコピーでないと興味を持ってもらえません。その企業やお店ではどういった魅力があるのかを知ってもらうようにします。そして、働くことで得られるメリットも明確にしする必要があります。さらに、実際に働く社員の魅力をアピールするのも大切です。

求人を見て考えに沿っているとともに、魅力的であると思うのなら自然と応募したい気持ちになっていくものです。正社員募集の求人広告を打ち出すにあたって、少なくともこの3点については頭に入れておいた方が良いでしょう。応募者が増えれば求めている人材を獲得しやすくなるとともに、コストを抑えられる理由にもなります。



中小企業が正社員募集の求人広告を打ちだすにあたっての考え方



今の時代においては、大企業に入社したいと思う方は少なくなく、求人広告を打ち出せば黙っていても応募者が殺到するといっても過言ではありません。これが中小企業の場合はまた話が異なります。正社員募集の求人を打ち出しても、優秀な人材が来てくれないケースも考えられます。もちろん、優秀な人材が来てくれるまで待つという選択もあるものの、来ないと考えるのも一つの方法です。やはり優秀な人材は幅広く選択ができる中で、より条件が良いところを選択しようと考える傾向にあります。ただ正社員募集の求人広告を打ち出すことによって求めている効果を確実に得られるとは考えないほうがいいでしょう。コストと時間をかけただけの反響が得られるとは限りません。そのため、絶対に必要なスキルなど優先順位を考えて採用にあたりましょう。

100%完璧といえる人材ではなくとも、熱意をもって仕事に取り組む姿勢を持ち合わせているかどうかに注目した方が良いでしょう。この方針で正社員募集の求人広告を打ち出すのなら、当然ながら内容も考えないといけません。どの企業であっても優秀な人材を獲得したいと考えるのは当然であるものの、現実的に中小企業よりも大企業があれば選びたいと思う人が多いものです。だからこそ、絶対に必要な条件をしっかり持つべきといえるでしょう。

まずは応募者が多くなるように正社員募集の求人を打ち出し、そして面接を受ける際にそれぞれの人材を見極めるようにするのが良いでしょう。入社が決まった人材に力を注ぐようにすれば、優秀な人材を育成することも可能です。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内