リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. 求人募集や採用の悩みを相談する前に


求人募集や採用の悩みを相談する前に

自社にとって良い人材とは



人材は会社にとって石垣であり城でもあるといえます。優秀な人材を集めることができれば、企業は必然的に大きくなっていくでしょう。逆にうまくいかなければ、いずれは衰退していきます。人材を考えると、いろいろな悩みが出てくることが多く、簡単に解決することが難しい問題です。それぞれが、それぞれの問題を抱えており、採用基準などでも違いがあることから、簡単に解決することができない部分も持っています。それでも、人材の悩みを相談することができる企業もあることから、解決できないような問題がある場合には、早期に対応を考えるべきです。時間をかければかけるほど、問題は深刻なものになってしまうことも珍しくありません。

一体良い人材とは何かということから考えていかなければいけません。実際にどの企業も良い人材が欲しいことは確かです。その中で、イメージを持ってみるということが大切になってきます。イメージが出てくることによって、基準ということが見えてくるからです。実際に良い人材という評価は、相対的なものでもあるでしょう。部署が変わってくれば、良い人材だったはずが、そこまでではないということも珍しくありません。

長所が短所になってしまうことも出てきます。人材を活用することができるかどうかということも、採用には重要な意味があることは確かです。例えば、営業で無口であるというのは、あまりメリットにはなりません。ですが、無口でも研究熱心であれば、部署によっては高い能力を発揮することができるでしょう。こうした適材適所の運用ができているかどうかということも、採用の後に考えていかなければいけません。悩みとして深刻な部分ですが、相談してみたら解決したということも出てきます。



なぜ採用がうまくいかないのか



採用ということで考えた場合、なぜうまくいかないのかということも考えていかなければいけません。ただ悩んでいるだけでは解決しないからです。採用がうまくいかなかったということでは、人材がいなかったということもあります。他に流れてしまい、自社に来なかったということもあるでしょう。理由ということではいろいろと出てきますが、なにが悪かったのかということを客観的に評価していかなければいけません。これができないようでは、また失敗することになってしまいます。原因ということが見えてくれば、対策することができるようになるのですから、細かく分析をする必要があるでしょう。

計画の策定の段階から、募集、選考、面接、審査といったことは基本的な部分です。内定を出してからの対応や教育体制といったことまで含めて、原因を探っていかなければいけません。その中で、一体何が問題であったのかが見えてくれば、対策を打つことができます。さらに、良かった部分が見えてくるようになると、もっと前面に打ち出すこともできるでしょう。スムーズに進めていくことを考えると、失敗ということを客観的にとらえ、策定の段階から評価をしていかなければいけません。こうしたスパイラルを作り上げていくことができれば、確実に成果をあげていくことができるようになっていきます。



分母を大きくすればいいというわけではない



求人から採用ということは、人事の中でも難しいことです。悩みは山ほど出てくるのが当然であるということも気が付かなければいけません。計画の策定という段階から、驚くほどの時間が必要であり、それだけの人材も必要です。経験もなければいけませんし、実際に応募者が現れなかった時に、どういった対応をするのかということも考えておく必要が出てきます。

できるだけ多くの応募者を募りたいということを考えることもあるでしょう。分母が大きくなれば、それだけ優秀な人材が集まってくると考えるからです。ある意味では、これは間違っていませんが、だからといって優秀な人材が多くなるというわけではありません。勘違いしてはいけませんが、一定の割合で優秀な存在が含まれているというわけではないからです。さらに分母を増やしたくて、多くの求人を打ったりすれば、応募者からは大変な人材不足の企業であると感じることも出てきます。これでは、優秀な人材は避けていってしまうことになるでしょう。ここでも問題点を明確にしていかなければ、優秀な人材確保につながらないということがわかります。

さまざまな点を考えていかなければいけませんが、自社だけで解決できないのであれば、力を持った企業に手を貸してもらうことも一つの手です。採用などに関しても、相談することができる相手を見つけて協力してもらえば、こうした心配もいらなくなってきます。求人媒体の選定といったことでも、協力してくれるところがあれば、もっと効率的に運用も進められるようになるのですから、心配していることの大半を解決することができるでしょう。それだけの違いを生み出すことができるのですから、専門の企業と手を組むことも大切です。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内