リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. 求人広告を有効的なものにする違い


求人広告を有効的なものにする違い

効果的な求人広告を作り出すためには



人材不足に陥ったとき、求人広告を活用するのは一般的によくある方法です。ですが、なかなか人が集まらないということも出てくるでしょう。さまざまな方法をとることができるようになっていますが、すべてが効果的な方法であるとは限りません。違いやポイントも考えて抑えていかなければ、効果的な方法にならないこともあります。

求人広告の場合、まずは求人者の目を引くということが重要になってきます。どうしても似たような表現になってしまい、競争に勝てないことも出てくるのが問題です。いい人材を見つけていきたいのであれば、求人は競争でもあります。さまざまな人がより良い仕事を見つけたいと考えています。だからこそ、差別化を打ち出していかなければ、効果をあげることが難しくなってしまうのです。

求人広告には、さまざまな言葉が使われ、いかにも魅力的に映ることもありますが、いろいろと注意もしていかなければいけません。魅力どころか、この求人広告を出している企業は避けたいという印象を与えてしまうことも出てきます。これでは人が集まらないことになってしまうので、求人内容と実際の仕事内容に違いがないか、与える印象はどうかという点に注意をしていかなければいけないでしょう。

そのひとつの例として、給与があげられます。大事な要素となってきますが、一般的な相場で考えられる金額よりも明らかに高かったりすれば、この会社はなぜこんなに給料が高いのかという疑問点を持つことになります。もしも、入社後にそんな金額ではないということになれば、それこそ大きな問題になってしまいます。良い人材がほしいからと実際に支払っている給与以上の金額を提示してしまうなど、誤解を招いてしまうような内容を避けることが、なによりも重要なポイントです。



言葉ひとつで現れる意識の違い



入社後に心配になってしまうのが人間関係であるのは、今も昔も変わりません。単純に求人広告だけでは読み切れないことも出てきますが、自社のことをよく知ってもらうことは大切です。

求人広告でもよく見かけますが、例えば、家族で経営している会社ですと書かれていると、受け止め方によっては閉鎖的で入りにくいと感じることも出てくるかもしれません。友達感覚の上司といえば、なれ合いになってしまうのではないかと想像することにもつながります。ありきたりの言葉を並べることを避けて、不安を消そうと考えるあまり、かえって煽ってしまっているような表現にならないように気をつけましょう。

業務として考えた場合、未経験歓迎という表現が使われている求人広告もあります。人手が足りないから未経験でも人が欲しいのか、本当に未経験から始めることができるのか、その文字だけを見ても分かりにくいことが多いです。未経験でもできる仕事内容をおこなう会社なのかという、企業の規模や内容に関して疑問を持たれてしまうこともあります。こうした状態を避けるためには、客観的な判断が必要なので、自分で読んでみてどう感じるのかということを考える必要があります。

失敗しやすい言い回しとして、店長候補という言葉があります。経験もなく入社してすぐの人間が、店長候補になるというのは、疑問を抱くキーワードになってしまう部分です。納得がいく説明があってこそ、生きてくる言葉になってくるので、必要となる資格等を列記したうえで使うようにした方が誤解を招きません。キャッチコピーとしては考えて使っていかないといけない言葉になるでしょう。

重要になるのは、言葉に対して裏付けがあるかどうかということです。どんな言葉であっても、指示であっても、ただ言葉を並べれば通じるわけではありません、主観で指示をしても理解できないのと同様に、客観性を確認し、明確に打ち出していくことが重要です。



アナログとデジタルの違い



効果的な求人広告にするためには、デジタルとアナログの違いも抑えておかなければいけません。一般的に使われてきたのは、アナログである紙媒体です。地域に密着した広告になっていることが多く、広い距離で募集することは難しい部分を持っています。会社の宣伝といった利用の仕方もできる反面で、キャッチコピーの使い方などを間違えると、地域密着なだけに評判にもつながってしまう場合があります。広告スペースは小さくなってしまうことも多く、大きくすると費用が一気に大きくなってしまいます。そのため情報としても限られたものになることが重要です。

デジタルはアナログとは違い、距離という概念が薄くなります。広範囲で募集することができるようになり、多くの情報を提示することができるのがメリットです。スペースがかなり取れるというところも違いといえます。問題としては、そのサイトなどを見てもらわなければ、情報としては眠ったままです。効率的な方法と考えることもできますが、偶然見かけたということが少なくなります。

どちらにもメリットがありますしデメリットもありますが、これらの特長を活かすことができるかどうかが成功のポイントです。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内