リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. 静岡県で中途採用を希望!実情はどう?


静岡県で中途採用を希望!実情はどう?

主要都市を中心として中途採用の募集が出ている


静岡県で現在の仕事ではなく転職して、自分の可能性を試してみたいと思っている人もいるでしょう。静岡県では、中途採用の情報が活発に出ています。静岡県の中途採用の募集を見てみると、主要都市を中心に募集が出ているようです。たとえば県庁所在地である静岡市では、200件前後の募集がコンスタントに出ています。静岡市在住、もしくは電車などで通勤圏内であれば、静岡市の求人情報をチェックしてみるといいでしょう。選択肢が多いので、自分の希望する職種、条件の職場の見つかる可能性は高いです。静岡市を含む中部地区の求人がやはり多いです。しかし東部や西部地区でも中部と比較すると数は少ないものの、求人は結構出ています。たとえば東部地区であれば、沼津市や富士市といったところで求人が積極的に出ています。だいたい多少の上下動はありますが、いずれの都市も70件前後の求人が出ています。
西部地区の場合、浜松市の募集が中心となるでしょう。浜松市も70~80件程度の求人がコンスタントに出ている感じです。東部は沼津市や富士市、西部は浜松市をターゲットにして、応募できる案件がないかチェックしてみるといいです。静岡県で転職希望する人の中には、異業種転職で視野を広げたい、自分の可能性を試してみたいと思っている方もいるでしょう。中途採用の場合、経験者優遇の案件が多いのは確かです。しかし未経験者歓迎の求人も県内で150件前後出ています。キャリアチェンジをしてみたければ、このような未経験者歓迎の求人をチェックしてみるといいでしょう。

職業はばらつきがあり・自分の経験を生かそう


静岡県の中途採用を職種別で見てみると、結構多種多様な募集の出ている傾向が見られます。このため、自分の今までのキャリアを生かせるような募集の見つかる可能性は高いです。その中でも多いのが、事務系の募集です。一般事務や営業事務の仕事が多いですが、そのほかにも貿易事務のようなより専門性の高い事務系の募集が出ることもあります。貿易事務は海外や通関とのやり取りがありますので、語学力が要求されます。英語力に自信を持っている人がいれば、貿易事務の募集に応募してみるのもいいでしょう。そのほかには医療や福祉関係の中途採用の募集も活発に出ています。今後ますます高齢化社会が進み、静岡県も決して例外ではありません。医療や福祉関係の需要は今後ますます高まるでしょうから、この分野に興味のある人は求人情報をこまめにチェックして応募できる案件がないか確認しましょう。
営業系の募集も静岡県内では少なからず出ています。営業系の仕事ですが、異業種転職しやすい職種といわれています。求人情報を見ると、営業経験者を対象にした募集が多いです。しかしどの業種の営業であるかは問わないケースも結構見られます。営業で異なる分野の商品・サービスを取り扱ってみたいと思うのであれば、求人情報を探してみるといいでしょう。静岡県は製造業がもともと盛んな地域です。富士市の製紙業や浜松市の楽器業・オートバイ製造などです。このような関係もあって、製造業の求人も数多く出ています。しかし一昔前と比較すると減少傾向にあるとの指摘も専門家の間で話されています。グローバル社会が進んだことで、海外に工場拠点を変更している企業も増えていることが影響しています。

中途採用されるためのコツとは?


中途採用されるかどうかの最終的な判断は、面接試験による企業が多いです。自分の希望する職場に転職できるかどうか、それはひとえに面接試験をうまく乗り切れるかどうかにかかっているといえます。面接試験を受けるにあたって、これまでのキャリアについてはいろいろと面接官から聞かれるでしょう。そこでこれまでどのような職務経験があるのか、そしてその中でどのようなスキルを身に着けているのかを説明しましょう。実績については、客観的な事例を交えて説明すると説得力が増します。たとえば営業の仕事をしてきたのであれば、自分が携わった商品の売り上げが前年度比これほどアップしました、のような数値を交えて紹介するといいでしょう。
また中途採用試験の場合確実に質問されるのは、前職の退職理由でしょう。この質問に対して賃金が安かったとか、人間関係の軋轢を抱えていたから、のようなネガティブな不平不満を述べないことです。キャリアアップを目的にというような、前向きな離職理由を見つけることが重要です。また、もしその会社に転職した場合、3年後や5年後どのようなポジションでどんな仕事をしていたいかも説明しましょう。企業で働くイメージができている、それだけ熱意をもって採用試験を受けていることもアピールになるからです。いろいろと面接試験では言いたいこともあるでしょうが、時間に限りがあります。長々と説明するのではなく、簡潔に答えられるようにあらかじめ準備しておきましょう。

一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内