リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.120 Indeedの運用を代理店に代行してもらう際のメリットやデメリットについて解説します!


HumanWork Jinzai Column [120]

求人広告


Indeedの運用を代理店に代行してもらう際のメリットやデメリットについて解説します!

Indeedの運用を代理店に代行してもらう際のメリットやデメリットについて解説します!

はじめに

テレビCMでも話題のIndeedは、月間訪問数2,350万人超えと、日本最大級の求人検索エンジンです。最も多くの求職者が仕事探しに利用しているサイトですので、Indeedに求人掲載することで、これまで出会えなかったような求職者にも求人を見つけてもらえる可能性があります。実際に、当社のお客様でもIndeed有料掲載で求人募集をしたことで、採用コストが従来の求人媒体と比較して、50%以上削減されている企業も続出しています。

ここのページでは、採用効果が高いと言われているIndeedの運用を代行してもらうメリット、デメリットを紹介していきます。

Indeed運用の代行をお願いする理由とは

自社でも運用できるIndeedを、わざわざお金を払って代理店に運用代行してもらうことに抵抗があるかもしれませんが、お金を払ってでも、得られるメリットの方が大きいと感じている企業もあります。

まずはIndeedの運用を代行してもらうメリットについてご紹介していきます。

■検索上位にヒットする求人広告を作れる

Indeedの検索エンジンで上位を狙うには、Indeedの検索エンジンの上位表示のロジックを理解して、それに合わせた求人広告を作る必要があります。

従来の求人媒体では、基本的に掲載サイズ(費用)が大きい順に、検索結果に表示されるようになっていますが、Indeedでの表示順位ロジックは従来の求人媒体とはまったく異なります。
これは求人広告専門の担当者であっても難しいものですから、上位表示を狙った運用をするのは手間も時間もかかりますし、その分人件費もかかってしまいます。
多くのIndeedの代理店では、上位表示ロジックを把握しているはずなので、信頼できる代理店に掲載代行を依頼すれば、上位表示させるための最適な求人原稿を作ってもらえるでしょう。

広告が上位に表示されるようになれば、その分求職者の目につきやすくなり、クリック数アップ(閲覧数アップ)が期待できるので、結果的に効率よく求人募集を行えることになります。

■労力のかかるデータ分析・求人募集内容の更新をしてもらえる

2つ目のメリットが、データ分析・改善策の実施を代行してもらえる点です。Indeedはリアルタイムで有料掲載中の求人ページの「検索結果に表示された回数」「クリック数(閲覧数)」「応募数」を確認することができます。それらのデータを分析、課題抽出し、効果を高めるための改善策の実施を重ねることで効果が最大化されます。実績をもとに運用をすることで、他の求人広告よりも応募の量や質、採用スピードに反映されやすいというメリットはあるものの、データ分析に加え情報内容や構成のカスタマイズを定期的に行っていくのには相当な労力、時間がかかりますよね。

運用代行ではこの分析・運用や原稿の修正部分までトータルサポートしてもらえるというのが大きなメリットです。代理店によっては、Indeed専任のコンサルタントが在籍しているところもあり、専門知識をもったコンサルタントが、Indeedの採用効果を高めるために日々モニタリング運用してくれます。

本来、データ分析・課題抽出・改善策の実施まで自社で実施するとなるとかなりの人的工数がかかりますが、代理店に依頼すればその工数をカバーできるうえ、随時適切な募集内容を維持できるようになるのです。

Indeed運用を代行してもらうデメリット

Indeedの運用を代行してもらうことのデメリットは1点。運用代行費用が発生することです。

運用手数料は定額制のところもあれば、広告費用の4割を運用代行手数料として請求するなど、代理店によって異なります。運用代行手数料が高いかつIndeedの運用知識がないような代理店にIndeed運用を依頼してしまうと、自社運用よりもコストがかかってしまう、というようなこともあり得えます。

しかし、一方で優良な代理店もあります。応募が集まりやすい運用ができる代理店にIndeed掲載を依頼することで、運用手数料が発生するとしても結果的に低コストで採用成功できるようになるのです。

とにかく掲載費用を下げたいという企業の場合、運用費用がかかる代理店を利用することに対して抵抗があるかもしれません。ですが、Indeedを利用する一番の目的は「採用すること」です。

採用費用を下げたいのであれば、Indeedの運用を自社で徹底的に実施すること。それが難しいのであれば、Indeedの知識やノウハウが十分にある優良な代理店に運用を任せるのが一番です。たとえ運用手数料がかかったとしても、結果として多くの応募・採用につながるでしょう。

まとめ

Indeed認定シルバーパートナーのヒューマンワークでは、Indeed専任のコンサルタントが複数名在籍しています。お客様のIndeed掲載を、専任コンサルタントがしっかりサポートします。

「運用がよくわからない」、「工数がかかってしまっている」、「なかなか効果がでない」

そのようなお悩み、持っていませんか?

まずはご相談ください。
貴社に最適なIndeed掲載をご提案させていただきます!

Indeedの掲載のご相談はコチラ

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内