リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.73 そもそもindeedって何?本当に効果が出るの?出ないの?


HumanWork Jinzai Column [ 73]

求人広告


そもそもindeedって何?本当に効果が出るの?出ないの?

そもそもindeedって何?本当に効果が出るの?出ないの?

はじめに

従来型の求人広告は、「広告の面積」と「掲載期間」によって料金が決まるため、限られた予算では十分な広告ができないケースがありました。

そこで、コストの削減と優秀な従業員の確保、両方を求める採用担当者の方が知っておきたいのが、indeedという求人情報サービスです。

今回は、indeedとは何かを紹介した上で、どのような効果があるのかを解説していきます。

indeedとは多くのユーザーが利用する求人情報検索エンジン

indeedとはアメリカ発の求人情報検索エンジンです。

インターネット上にあるありとあらゆる求人情報を自動的に収集しているほか、indeed内で直接求人広告を掲載することもできるようになっています。

一般的な求人情報サイトとの違いは圧倒的なユーザー数。

国内では毎月1200万人以上がindeedを利用しています。

求人広告の基本は、とにかく求職者に見てもらうことです。日本で圧倒的な数のユーザーがいる以上、採用活動にindeedを使わない手はありません。

■無料枠と有料枠を利用できる
indeedの求人広告には、無料枠と有料枠の2種類があります。無料枠は、indeedに会員登録(無料)さえすれば誰でもすぐに掲載できる広告です。ただ、広告に使えるのは文章だけで、さらに自社の求人サイト等にユーザーを誘導できません。また、テレビCM効果もあり1秒間に9.8件の新着求人が出ているので無料枠だとすぐに他の求人の中に埋もれてしまいます。

一方、有料枠では、indeedの検索画面で常に上位など目立つ箇所に求人を表示させることができます。

indeedに求人情報を掲載する場合は、無料枠と有料枠のどちらか、または両方を使って求人を出すことになります。

■採用予算やニーズに合わせた人材募集ができる
多くの求人媒体では、契約時に決めた掲載期間が終わるまで求人を取り下げることができません。しかし、indeedでは有料広告掲載を好きなタイミングで休止・再開することができます。

また、indeedの掲載料金は、「indeed内で表示された自社の有料広告がクリックされた回数×クリック単価」で決まるため、
*必要な人数が集まったら求人広告を取り下げる
*余った予算は次回の求人に持ち越したり他の求人に再分配する
といった対応も可能です。

採用予算や、ニーズに合わせて募集ができるのがindeed有料枠の強みです。

indeedなら求人コストが最小限で抑えられる

indeedを使えば、求人広告掲載にかかるコストは必要最小限に抑えられます。indeedは、求人が必要になったときだけ効率よく求人広告を出せる上に、ユーザー数も多いため、
*すでに必要な人数は集まっているが、費用を払ってしまったので掲載期間が終わるまで広告を出しつづける
*各求人媒体で利用者が異なるため、求人媒体ごとに契約して広告を出す

といった余計なコストが削減できます。

■採用コストを50%以上削減している企業も
indeedの利用によって、求人活動のコストを50%以上削減している企業も少なくありません。

indeedでは、どういった検索キーワードが人気なのか、どれくらいの割合で自社の広告がクリックされているかといった情報をすぐに確認できます。

求人ページや広告のタイトル修正も基本即日反映されるため、原稿を改善しながら広告を運用することで、応募率とコストのさらなる改善も可能です。

indeedで採用を効率化するために必要なポイント

indeedはユーザー数が多く、無駄なコストを削減できる便利な求人媒体ですが、ただ登録しただけでは活用できません。indeedをうまく使うためのポイントをご紹介します。

■求人の効果をチェックして求人広告を改善する
indeedのメリットは、求職者が広告に対してどう反応しているかをデータで分析できること。広告の内容やクリック単価などを調整して、より効率の良い求人広告運用を目指しましょう。

■「採用動画」で企業のブランディングを行う
indeedの利用企業が増えてきているため、indeedを使う場合も他社と差別化するための対策が必要です。企業広告の世界では、自社の商品やサービスではなく、ブランドコンセプトやビジョンをストーリーしたてでアピールするブランディング動画が注目されてきています。社内の雰囲気や文章で伝えきれないメッセージをアピールできる採用動画を使うことで、他社との差別化が図れます。

indeedを活用して採用活動のコストを抑えよう

ユーザー数が多く、求人広告のムダを抑えられるindeedは、これからの採用活動においてぜひ取り入れたい求人媒体です。無料枠・有料枠を使い分け、より効率のよい採用活動に繋げましょう。

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】有料枠では、indeedの検索画面で常に上位など目立つ箇所に求人を表示させることができる

【POINT2】indeedでは有料広告掲載を好きなタイミングで休止・再開することができる

【POINT3】indeedのメリットは、求職者が広告に対してどう反応しているかをデータで分析できる

いかがでしたか?

indeedは『効果改善していくことで』採用コスト削減ができる求人媒体。そのため、掲載しただけでは効果は出ません。

しかし、どのように掲載すれば効果がでるか、採用につながるか、中々わからない部分も多いかと思います。

ヒューマンワークでは、indeed有料掲載のサポートをしております。

indeedの求人広告ガイドラインに沿った求人サイトのご提供や、indeedで採用成功しやすい求人文の作成、適切なクリック単価の調整をサポートいたします。

有料枠への掲載をご検討されましたら是非ヒューマンワークまでご相談ください!

Indeedへの掲載の詳細はコチラ

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルートトップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内