リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.97 パートさんの離職率を改善するには


HumanWork Jinzai Column [97]

働き方


パートさんの離職率を改善するには

パートさんの離職率を改善するには

パートさんの離職率を改善するには

求人倍率が2倍近くまで高くなっており 採用が難しくなってきている今、 少しでも離職率を下げたいですよね。

正社員だけでなくパートさんの存在が 必要不可欠という企業様も多いのではないでしょうか。

その大切な戦力であるパートさんから、 「正社員と仕事量は変わらないのに給与に差がありすぎる」 「待遇が違いすぎる」などの声が上がっています。

◆パートさんの半数が不満を持っている!?
平成28年度パートタイム労働者総合実態調査では、
会社や仕事について不満や不安があると答えた方は50.1%。

詳しい内訳は以下の通り。
■仕事量が多い(25.8%)
■仕事内容や責任は正社員と同じなのに給与が安い(21.8%)
■交通費や退職手当などが正社員と比べてない・少ない(21.7%)
■休みがとりにくい(19.3%)

仕事と収入に関する内容が特に高い数字となりました。
求められる仕事量や責任に対し、それに見合う収入を 得られていないと感じる方が多くいるようです。

◆離職率を上げないためには
解決策として挙げられるのが、先程の内訳にもある通り、給与面や制度の見直しです。

<その1:「正当な」人事評価を導入>
頑張りが収入面で返ってくることにより、モチベーションや満足度も上がっていきます。
ただし、成果を出しているのに給与が上がらないなんてことになるとかえって不満を増加させてしまうのでご注意を。

<その2:正社員との福利厚生の差を見直す>
通勤手当や皆勤手当などの支給額、制度などパートさんの中には、週5日のフル勤務で働いているのに正社員と比べて福利厚生に差があると不満を持っている方も。
仕事への意欲も下がってしまいますし、「だったら、他の会社を探そう」となってしまいかねません。

取扱い媒体のご案内

▼求人掲載のお申込みはこちら▼
0120-38-4191

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】正当な評価制度を設け、評価の形を目に見えるように

【POINT2】正社員と差がありすぎる福利厚生はNG

いかがでしたか?

いかがでしょうか。

これまで活躍していた方が辞めてしまうのは、 会社にとって大きな痛手ですよね。

今一度、会社の制度を見直すことや現場の声に耳を傾けてみると これまで気がつかなかった発見があるかもしれません。

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内