リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.101 原稿制作ライターが考える求人原稿の見直しポイントを2つお伝えします


HumanWork Jinzai Column [101]

求人


原稿制作ライターが考える求人原稿の見直しポイントを2つお伝えします

原稿制作ライターが考える求人原稿の見直しポイントを2つお伝えします

はじめに

『求人を出しても想像しているような人材となかなか巡り会えない…』そんなお悩みを抱えていらっしゃる採用担当者様も多いのではないでしょうか?『うちの会社は知名度も低いし…』『条件がいいわけではないし…』『ニッチな職業だから…』と諦める前に一度求人原稿の内容を見直してみませんか?

求人原稿の見直しポイントを2つお伝えします

■1.優先順位を明確に

「経験値」「志向性」「応募数」など、これを一番大事にしたい!という目的を絞ると原稿に対してのテコ入れがしやすくなります。

また、採用目的も改めて見直せるため、優先順位づけはとても大切です。

■2.ターゲット設定が命

求人原稿はよくお手紙に例えられます。「これは私に宛てられているメッセージだ…!」と求職者の方に思っていただける原稿は応募へと繋がりやすいからです。

そこで重要になってくるのが『共感性』。

「わかるわかる」「僕もそういう思いだった」「同じような体験したなぁ」だから「こういう人と働きたい」、だから「安定した基盤の会社に転職したい」だから「新しい業界で活躍してみたい」など、『思い』+『理由づけ』があると具体性も増し、運命を感じる求人原稿へと変わっていきます。

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】優先順位を明確に

【POINT2】ターゲット設定が命

いかがでしたか?

的を絞ると間口が狭くなると懸念される方もいらっしゃいますが、貴社の魅力に惹かれて応募される方はミスマッチも起こりにくく、定着率の向上に繋がります。

求職者の方にとって「働き口があればどこでもイイ」ということが少ないように、貴社にとっても「働いてくれたら誰でもイイ」ということはないですよね。

だからこそ、これを機会に訴求ポイントを見直してみませんか?

ぜひヒューマンワークまでご相談ください。

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内