リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. リクナビネクストなどに求人広告を掲載する際には


リクナビネクストなどに求人広告を掲載する際には

この先採用活動を行いたいと考えている方におすすめの情報



新しい人材を採用するために、リクナビネクストなどの求人情報媒体に募集広告を掲載したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。このような場面では、数多くの求職者に興味・関心を持ってもらい、魅力的な人材を獲得したいところです。そのためには、相手に面白いと感じさせることができるよう、しかるべきポイントを押さえた上でアクションを起こすことが大切になります。

会社やショップを経営するにあたって、人材に関する課題を抱えている人は数多く見受けられます。このような状況の中で、優秀な人材を獲得するべく、求人募集を行うにあたっては、受け入れ側の人間が自己満足するのではなく、求職者の身になって物事を考え、募集広告を作成することが大事です。具体的には、仕事を探している人が、「何に魅力を感じて応募するのか」「どういう理由で働きたいと思うのか」という問題について、相手の立場で考えてみることがポイントになります。

求人誌に募集広告を掲載し、自社の理想とするイメージに合った人物が面接を受けに来てくれたものの、採用活動の途中で断られたり、能力のある人材を獲得したものの、入社後すぐに辞められたりしてしまい、困っている方もおられるのではないでしょうか。また、自分の会社が提示している条件が悪いために、良い人材が集まる訳がないと、最初から投げやりな気持ちになり、あきらめてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。そのような問題を解決するためには、求職者の視点で物事を考え、魅力の感じられる広告を作成することが大切です。



求人媒体に掲載する広告を作成するにあたっては



この先、リクナビネクストなどの求人媒体を活用して採用活動を行うにあたっては、募集広告として掲載する内容にも気を配ることがポイントとなります。こうした場面では、自分中心ではなく、相手の身になって物事を考えてみることが大切です。

例えば、求人広告に応募する人は、何を理由にしてアクションを起こすのかという問題もチェックポイントとなります。具体的な応募の動機として、求職者が魅力を感じる条件には、仕事内容や給与、職場の雰囲気、待遇など、さまざまなバリエーションがあります。ただ、これらの条件に魅力を感じ、求人応募のアクションを起こしたとしても、面接試験を受けたり、実際に採用され、現場で働き始めたりしてみた結果、思い描いていたイメージと大きなギャップがあり、やる気をなくしたり、短期間の内に仕事を辞めたりしてしまうというケースも多く存在します。このような問題が起こるのを防ぐためには、働き手の期待に応えられるような条件を、募集広告の上だけではなく、実際のビジネスシーンでも用意しておくことがポイントになります。

これから、実際に求人広告を作成するにあたっては、自社の魅力や、自分の会社で働くことによって得られるメリットを、働き手の目線で整理し、しっかりとアピールすることが大切です。こちらの方法を実践するためには、自社のホームページに人材募集のコーナーを設けるという方法もありますが、専門的に求人情報を発信しているサイトや冊子に広告を掲載すると、さらに高い効果が期待できます。



専門の求人媒体を活用するに際してのチェックポイント



自社のHP上に人材募集コーナーを設置するだけではなく、リクナビネクストなどの求人媒体を活用することによって、採用活動の効果はさらに高まることが期待されます。ただし、単に広告を掲載すれば良いと考え、その内容に気を配らなければ、求職者の印象に残る採用活動を行うことは難しくなります。仕事を探している人にとって印象に残り、魅力的に感じられる広告内容とするためには、相手の身になって物事を考え、原稿を作成することがポイントです。

ただ、自分でキャッチコピーや募集内容の文面を考えるのは、自信がないと感じている方もおられるのではないでしょうか。しかしながら、専門の求人情報サイト・冊子を利用する場合、その道のプロフェッショナルがコピーや文章を作成してくれるのでどうぞご安心ください、とは言うものの、専門の業者へ依頼するのにせんだって、自社のアピールポイントを整理し、求職者に対してどのような内容を伝えたいのか、深く掘り下げて考えてみることは大切になります。

これまで述べてきたように、企業の担当者が採用活動を成功させるためのポイントは、言われてみると当たり前のように感じられることばかりかもしれません。しかしながら、実際のビジネスシーンにおいて、このような情報を会社・セクション単位で共有することは意外に少ないものです。この先、自社の採用活動を行うにあたって、優秀な人材を獲得することが課題となっているものの、それをクリアするための具体的な方法がわからないという方は、ぜひチェックしてみてください。
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内