リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.166 無料で応募数UP?!リクナビNEXTの無料スカウトメール機能、こだわりアプローチとは?


HumanWork Jinzai Column [166]

リクナビNEXT

無料で応募数UP?!リクナビNEXTの無料スカウトメール機能、こだわりアプローチとは?

無料で応募数UP?!リクナビNEXTの無料スカウトメール機能、こだわりアプローチとは?

はじめに

リクナビNEXTの掲載を始めたものの、思っていたようなターゲットからの応募が少なかったり、そもそももっと応募数を増やしたいと思ったり、そんなご経験はございませんか?

それを実現させる方法は、原稿内容を見直す、有料の求人告知メール(スカウトメール)を打つ、Indeedの追加導線を増やす…などと様々な方法があるのですが、まずは最も気軽かつ無料で活用できるスカウトメール「こだわりアプローチ」の利用をおすすめいたします。

この「こだわりアプローチ」を最大限活用している企業様の中では、応募が120%増となった例もあるほど。無料のサービスなので使わない手はありませんよね。この活用方法について詳しくご紹介させていただきます。

リクナビNEXTの無料機能「こだわりアプローチ」とは?

「こだわりアプローチを」を徹底解説

まずはじめに、「こだわりアプローチ」とは何なのかをご説明します。
「こだわりアプローチ」はリクナビNEXTに原稿を掲載している企業様であればどなたでも利用できるスカウトメール。貴社の原稿を閲覧したユーザーあるいは、“気になる”に登録したユーザーに対して企業側からスカウトメールを送付できる機能です。

このスカウトメールの文面は200文字以内でカスタマイズができるので、ユーザーのレジュメを一人ひとり見た上で、内容に合わせたスカウトができます。

さらに、リクナビNEXTに原稿を掲載している期間は通数制限なく利用でき、何通送付したとしても無料となっておりますので、活用しないのははっきり言って損です。

一般的なスカウトメールとの大きな違いは、「こだわりアプローチ」は一方的に企業側から送付するスカウトメールではなく、送付対象者はあくまでの閲覧者or気になるの登録者ということ。
つまり、送付対象者は全員ユーザー側からの能動的なアクションがあって貴社の原稿にたどり着いているため、スカウトを送った際に効果が出やすい傾向があります。

何度も申し上げますが、この機能は完全に無料のサービスです。応募数を増やしたい、より採用ターゲットに合う層からの応募を獲得したいという企業様は、ぜひともご活用いただきたい機能です。

なぜかというと、リクナビNEXTの総応募数のうち、なんと約3割は求人告知メール(有料のスカウトメール)やこの「こだわりアプローチ」等のスカウトメールが起因となっているからです。それだけユーザーにとってもスカウトメールを受け取るということが一般化していると言えます。

まれに「スカウト送って嫌がられないだろうか」「スカウトを送らないと応募してこないような人はちょっと…」という意見も耳にしますが、今の時代は“スカウトメールありきの転職活動が一般的”であると思っていただいて問題ありません。

「こだわりアプローチ」の送付のポイント

「こだわりアプローチ」は200文字以内であれば、自由に文面を作成することができます。ここでは文面作成のポイントをご紹介します。

ポイント①送付ターゲットに合う内容にすること

対象が経験者なのか未経験者なのかというだけで、訴求すべきポイントは異なります。
前者であれば、経験を活かした活躍の仕方や、他社と比較した時に優位な点(条件や職場環境、扱うサービスなど)が魅力に感じられやすいですし、後者であればどんなことが身につくのかという点や、未経験である不安を払しょくする内容を伝えられるといいでしょう。

ポイント②ユーザーのマイページでの見え方に注意すること

「こだわりアプローチ」は最大200文字とお伝えしましたが、メールボックスの一覧画面には全文が見えているわけではなく、特にスマートフォンの場合は最初の50文字程度しか見えていません。
つまり、この冒頭で興味を持ってもらわないと、そのスカウトメールは開いてもらえないということです。挨拶や自己紹介から始めているメールもよく目にしますが、それよりもユーザーに「続きを読みたい」と思ってもらえる内容を目指しましょう。

ポイント③何度でも送付すること

リクナビNEXTのユーザーは同時に何社も検討しているので、あちこちからスカウトメールが届いていると考えると、どんなにいい「こだわりアプローチ」を送っても見逃されてしまうことがあります。
それを防ぐためには、【再送】という形で複数回送付すること。
「こだわりアプローチ」に通数制限はありませんので、掲載期間中は同じユーザーに対して何度でも「こだわりアプローチ」を送付することが可能です。

「こだわりアプローチ」の書き方見本

あくまでも一例にはなりますが、こだわりアプローチの文例をご紹介します

経験者向け…同業・同職種と比べたときの優位性を書く!

★「こだわりアプローチ」文章例

【月給●●万円~前給考慮!】××の経験を活かせる▲▲の募集をしております。近年ニーズが高まっており、売上高は右肩あがり。他社と比べ・・・・(自社の競合優位性など)・・・・という強みがある当社ですが、今はまさに成長期。・・・・(企業理念など)・・・・を実現するためには××のご経験があるあなたの力が必要です。テレワークの導入や休日拡充など、働きやすい環境を整えてお待ちしています。

未経験向け…今後の成長イメージを持たせる!

★「こだわりアプローチ」文章例

未経験入社の●●代多数活躍中/新たなキャリアビジョンを描きたい方を応援します。当社は・・・・(事業内容など)・・・・を行っており、今回は未経験でも着実にスキルを身につけられる▲▲の募集。これまでも案件の増加に合わせて増員を行ってきたので、中途入社の方への研修ノウハウもしっかり蓄積。数年で主任に昇進した社員が多く在籍しています。・・・・(待遇や年間休日など)・・・・もあるので、ぜひご検討ください。

ポイントを整理

ポイントの1つ目は送付ターゲットに合わせた内容にすること。
2つ目はマイページでの見え方に注意することでした。
それを踏まえて考えると、最も重要なのは最初の50文字にターゲットに合わせたメリットを記載することです。メリットは、どういう理由があればうちに転職したいと思うだろうか、という観点で考えてみてください。

文面を考える上で意識していただきたいのは、ユーザーに、自分がまさに当てはまるんじゃないか、と思わせること。正直に申し上げて、世の中のスカウトメールの中には、お門違いともいえるような内容で送られているものもあります。そういったスカウトメールはただ無視されてしまいます。その中に、これは自分に当てはまるなと思える内容が届けば、少なからず興味を引くことは間違いありません。ぜひその点に気を付けてみてください。

まとめ

ここまでこだわりアプローチについてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

  1. 【POINT1】こだわりアプローチは無料で使えるリクナビNEXTのスカウト機能
  2. 【POINT2】ターゲットに合った魅力を冒頭で伝えるべき!
  3. 【POINT3】経験者向け・未経験者向けそれぞれの文章例を紹介

どうせ無料の機能だから大したことないと思われるかもしれませんが、活用しないのは絶対にもったいないということをご理解いただければ幸いです。

ヒューマンワークでは、こだわりアプローチの送付のご相談はもちろん、時間を掛けられないという企業様向けに送付代行サービスも行っております。

お困りの際はぜひお気軽にヒューマンワークにご相談ください。

リクナビNEXTのご掲載についてコチラ
お問い合わせはコチラ


←前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ→

人事担当者様必見!研修のお問い合わせ・ご相談・お申し込みはコチラから






リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク