リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.130 Indeedのクリック単価は業種や雇用形態によって違うの?業界別クリック単価について簡単に解説いたします


HumanWork Jinzai Column [130]

求人広告


Indeedのクリック単価は業種や雇用形態によって違うの?業界別クリック単価について簡単に解説いたします

Indeedのクリック単価は業種や雇用形態によって違うの?業界別クリック単価について簡単に解説いたします

はじめに

Indeedで有料掲載をする際に必要となるクリック単価の上限設定。1クリックに対して15円から999円まで幅広いクリック単価の上限設定が可能で、相場のクリック単価は、業種職種、雇用形態業界によって大きく異なります。設定が低すぎるとなかなかクリックしてもらえませんし、高すぎると無駄なクリックが増えてしまうこともあります。相場のクリック単価を抑え、効率的にIndeedで求人募集をしましょう。

業界別のクリック単価をチェック

Indeedのクリック単価上限は自由に設定することができますが、募集案件によって相場は大きく異なります。
今回は、業界別のクリック単価の相場について、簡単にご紹介していきます。

■IT系のクリック単価の相場

システムエンジニアなどIT系の求人は、ターゲット母数の少ない専門職となるケースが多いため、優秀な人材を集めるにはある程度単価を高く設定する必要があります。相場は250円前後となっていますが、候補者の数を増やしたい場合は300円から400円ぐらいに設定するのがベストです。

■建築業界のクリック単価の相場

建築業界は職種によってクリックの単価が異なります。施工管理や現場監督などのクリック単価は300円から600円が相場で、現場作業員の場合は150円から350円程度が相場となっています。ただしエリアや仕事内容によっては相場のクリック上限単価で設定してもなかなかクリックや応募が集まらないこともあるので、臨機応変にクリック単価を変える必要があるかもしれません。

■派遣系のクリック単価の相場

派遣業界は比較的好条件のものが多く、採用も決まりやすいので、クリック単価の相場は上記ご紹介した業界よりもだいぶ低い100~200円程度になるでしょう。
資格が必要な派遣など、募集難易度の高い案件の場合は、200円~400円程度で設定しておくのが良いです。

■医療業界のクリック単価の相場

人手不足な医療業界は、優秀な人材を集めるためにも上位表示が必須となるので、クリック単価は300円から500円とほかの業界より相場は高めになります。ndeedのクリック課金は999円まで設定できるので、企業によってはさらに高額なクリック単価を設定しているところもあります。

上記でご紹介したクリック単価の相場はあくまで例ですので、相場内のクリック単価に設定しておけば間違いなくクリック・応募が集まるというものではございません。業界以外にも、エリアや雇用形態、さらには募集内容によって最適なクリック単価は異なりますのであくまで参考程度に捉えてただければと思います。

Indeedのクリック単価は15円から999円まで幅がある

Indeed広告は、業界ごとにクリック単価が異なりますし、Indeedの広告代理店によっても設定する単価設定は違うので、極端に言ってしまうと業界の単価相場に合わせる必要はありません。もともと、Indeedではクリック単価を15円から999円まで設定することができますので、細く長く求人募集をしたいという企業であれば最低ラインの単価でも掲載可能です。
その代わり、クリック単価に比例して表示回数やクリック数は変わるので、低すぎる設定をしてしまうとなかなかクリックをしもらえない状況になってしまいます。

効率のよいクリック単価の決め方

Indeedはクリック単価を高くすれば「必ず上位に表示される」というものでもありません。Indeed有料掲載の検索結果の表示順位は、クリックの上限単価設定だけではなく、求人のクリック率や新鮮度など複雑な要素がからみあって決定されます。つまり、上位表示を狙うには、クリック単価を高めに設定するだけでは不十分な場合があるのです。

クリックの上限単価設定以外で、検索結果の上位表示を狙う際に重要視されているのが求人のクリック率です。Indeedのモットーは求職者ファーストの求人検索エンジンであることですので、IndeedのAIは、求職者からのクリック率が高い求人=良い求人案件とみなされ、優先的に上位掲載してもらえるようになるのです。

クリック率をあげるためには検索結果に表示される求人のタイトルや給与情報を工夫すること。高いクリックの上限単価を設定しているにもかかわらずなかなか上位掲載されないという場合には是非クリック率対策をしてみてください。

上位表示させるためにクリック単価をいくらに設定すればいいのか、具体的にどのようなクリック率対策を実施すればいいかわからない場合はIndeed認定パートナーにIndeed掲載を任せしましょう。

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】業界や職種、エリアや雇用形態によってクリック単価の相場は大きく異なる

【POINT2】効率良く上位表示させるためにはクリック単価の設定だけでなく他のポイントも抑える必要がある

いかがでしたか?

クリック課金という料金システムに関してはまだ馴染めないという企業もあるかもしれません。
そういった場合はまずはIndeed認定パートナーに間に入ってもらって色々と運用をしてもらい、慣れてきたら自社で運用していくという方法もひとつの手です

Indeed認定パートナーのヒューマンワークでは企業のIndeed掲載をお手伝いしています。ヒューマンワークはIndeedの運用力に強みがあり、Indeed広告に知見の深いコンサルタントが日々お客様のIndeed掲載をモニタリングしています。

まずは貴社の採用ニーズをお聞かせください!最適な募集手法や運用をご提案させていただきます。

Indeedの掲載のご相談はコチラ

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内