リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.131 Indeed掲載でより採用効果を高めるために重要となる求人原稿。求人原稿の重要なポイントを3つご紹介!


HumanWork Jinzai Column [131]

求人広告


Indeed掲載でより採用効果を高めるために重要となる求人原稿。求人原稿の重要なポイントを3つご紹介!

Indeed掲載でより採用効果を高めるために重要となる求人原稿。求人原稿の重要なポイントを3つご紹介!

はじめに

さまざまな求人媒体のなかでも、一際注目されているのがIndeedです。月間の訪問数は2350万人、日本で一番仕事探しに利用されている求人検索エンジンですので、企業はこぞってIndeedを利用した採用活動を始めています。 Indeedで効率よく採用成功するためには求職者の目に止まるような採用ページを作成する必要があります。ここでは、採用成功に近づけるための採用ページの3つのポイントをご紹介します。

Indeed内の採用ページを作る際の3つのポイント

Indeedに求人掲載をする際、職種名や勤務地、仕事内容など、必須で記載しておかなければいけない項目がありますが、必須項目だけを抑えた求人ページですと、給与など条件が良くない限り応募はなかなか集まりませんね。

応募を集めるためには、大前提として「求職者目線」で原稿作成をすることが重要です。求職者目線で求人情報を見る際、仕事の情報が少なすぎたり、見にくい構成だったり、応募がしにくい構成ですと、なかなか応募をする気にはなりませんよね。具体的にはどういった対策が必要なのか、3つのポイントをご紹介します。

■1.より具体的なタイトル(職種名)を作る

Indeedでは、求人の検索結果に求人情報のタイトル(職種名)が表示されますが、このタイトルで求職者が詳細求人ページをクリックするかどうかが決まります。求職者は検索結果に表示される少ない情報だけで求人の良し悪しを判断しますので、より多くの求人閲覧を集めるためにはタイトルは非常に重要なポイントになってきます。
狙った求職者からのクリックを集めやすくなるタイトルの構成は、「職種名+業界カテゴリー」です。たとえば営業社員の募集の場合、営業職とだけ書かれていると、何の営業か分からず詳細の閲覧までつながりません。ですが、不動産の営業、健康食品の営業など業界のカテゴリーが記載されていれば、自分がやってみたい仕事なのか、スキルに適した仕事なのかが判断できるため、狙った求職者に求人情報をチェックしてもらいやすくなります。

一目で自分に適した仕事かどうか分かるタイトルは、採用ページの中でも最も重要になるため、分かりやすいタイトル作成を心がけることがポイントです。

■2. 募集概要は具体的に記載する

2つめのポイントは、募集概要の詳細を記載することです。求職者目線になった時、興味がある求人を見つけたとしても、募集要項の詳細情報がないと不安になってしまいますよね。以下、特に注意すべき点です。

●仕事内容や業務フローを分かりやすく記載する

仕事内容や業務フローは、分かりやすくより具体的に記載しましょう。たとえば接客業の場合、「お客様を笑顔に、みんなでわきあいあい働ける」というような表現ではなく、「どのような商品をどのように販売しているのか、品出しなどほかの業務を兼任するのか」など、仕事の内容と出勤してから退勤するまでの流れがつかめるような記載をしましょう。

●労働条件は待遇面を強調する

労働条件で特に重視されるのが、休日と賃金です。ですので、たとえば特別休暇がある場合、アルバイトやパート募集であっても条件を満たせば取得できる旨を記載し、賃金に関しても昇給や賞与、手当など強調できるところがあれば、法律で決められた記載方法を守りつつ、しっかり書いておくといいでしょう。

募集概要を簡潔にしてしまうと、せっかく求人閲覧をしてもらっても、求職者の応募の意欲をうまく掻き立てられず、応募までしてもらえない可能性があるため注意してください。

■3. 応募条件はシンプルかつ明確にしておく

最後のポイントとして、応募条件の記載です。応募条件は細かく記載すればそれにマッチした人材からの応募が期待できますが、細かすぎると応募へのハードルが上がってしまい、応募総数が少なくなってしまいます。

また、スキルや資格など応募条件が必須か否か分かりづらいのも、求職者をためらわせてしまう原因となります。ですので、絶対に必須のスキルや資格がある場合は、明確に記載することがポイントです。経験が必要な場合は、実務経験何年以上ということも記載しましょう。

必須ではない場合は、未経験でも応募できることを記載したうえで、経験や興味がある方を希望というように一言添えておくといいでしょう。ほかに、土日・祝日勤務や週3日以上などの条件があれば、あわせて記載しておくとミスマッチを防げます。

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】仕事内容や業務フローを分かりやすく記載する

【POINT2】労働条件は待遇面を強調する

いかがでしたか?

という2つが欠かせません。

採用ページは、求めるターゲットが求人詳細を閲覧したくなるようなタイトルにしておくのはもちろんのこと、求職者が目を通して実際に働いた場合のイメージが明確に作り上げられることが大切です。そのためには、

働いている自分をイメージできるような、分かりやすく正確な情報内容であれば、Indeedだけの掲載であっても積極的な応募が期待できます。そのための作成のポイントを押さえることで、必要な人材をスムーズに集める採用ページ作りにつながるでしょう。

リクルートトップパートナー、Indeed認定パートナーであるヒューマンワークでは企業様のIndeed掲載をお手伝いしています。
Indeed有料広告の掲載実績1,000件以上の経験から得た、より応募効果が高まる原稿のご提供も可能です!

Indeed掲載にお悩みの方やご検討されている方は是非一度ご相談ください。貴社の採用課題や目標をもとに、最適な募集手法や原稿をご提案させていただきます!

Indeedの掲載のご相談はコチラ

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内