リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.81 indeed掲載のメリット、デメリット等について


HumanWork Jinzai Column [ 81]

求人広告


indeed掲載のメリット、デメリット等について

indeed掲載のメリット、デメリット等について

はじめに

求人に特化した検索エンジン「indeed」。近年は特に求職者の利用者数が著しく増加しており、多数の企業が積極的にindeedを利用するようになっています。

indeedに求人を掲載する際は無料掲載・有料掲載を使い分けることが可能です。

こちらのページでは、indeed掲載のメリット・デメリットについて解説していきますのでぜひ参考にしてください。

indeed掲載で得られる4つのメリット

indeed掲載によるメリットは実にさまざま。その中でも代表的なメリットをご紹介します。

■テレビCMでもお馴染みですが、indeedは無料で求人募集が可能!
従来の求人媒体ですと、どうしても掲載費用がかかってしまいますが、indeedは無料でも求人掲載をすることができます!
自社の採用サイトを持っている企業はその採用サイトをindeedに掲載することができますし、採用サイトがない企業・店舗でも直接投稿方式を利用することで簡単に求人募集ができてしまいます。

■上位表示される「有料枠」は予算の範囲内で利用できる
indeedには無料掲載枠のほかに、有料枠も存在しています。

この有料枠は検索した際、無料枠よりも上位などの目立つ箇所に表示されることが特徴。より多くの人に求人募集を見てもらいたい企業にはぴったりです。

この有料枠は定額サービスではなく、求職者のクリック数に応じて金額が変化するようになっています。あらかじめ月々の予算を設定している企業でも、予算の範囲内で有料枠を利用することが可能。自身の予算に応じて柔軟に広告依頼できる点も、indeedのメリットの一つです。

■登録不要の使いやすさで圧倒的利用者数!多くの人にアピールできる
大企業であれば、自社の採用サイトを持っているだけでも多くの人から応募が殺到することでしょう。

しかし、中小企業ではそうもいきません。そもそも会社名が知られていなければ、検索エンジンで自社の求人募集ページを調べてもらうこともできないからです。そのような場合は、リクルートサイトや転職サイトでの求人掲載が必要不可欠。ただ、こうしたサイトを求職者が利用するときは求人閲覧や応募時に登録が必要なケースもあり、応募の際にひと手間が生じてしまいます。

その一方で、indeedは「求職者に優しい求人検索エンジン」をモットーとしており、そのような煩わしい利用者登録は必要ありません。この他にもワンクリックで求人応募が可能であるなど、徹底して求職者が使いやすいよう整備されています。そのため、indeedは他のリクルートサイトと比較しても利用者数が多く、月に1,200万人以上がindeedを利用しているとも言われています。よりたくさんの人にアピールできること、それもindeedの強みの一つですね。

■直接投稿はとにかく簡単!手間が少ない
indeedの直接投稿方式の掲載は、手間が少ないことも特徴です。
自社の情報・勤務地・待遇などを入力すれば、それで登録は完了。内容に問題がなければ、そのまま掲載してもらえます。
HPが存在しない小規模の企業でも、自社の採用ページを一から作る必要はなく、簡単な情報の登録だけでパパッと掲載登録を済ませることができます。

indeed掲載における2つのデメリット

一見メリットだらけのindeed掲載ですが、その一方で注意を払わなければならない点もいくつか存在しています。ここからは、indeed掲載にまつわる注意点並びにデメリットについてご紹介していきます。

■無料掲載では求人が埋もれてしまいがち
indeedには先述したように、有料枠と無料枠が存在し、検索結果にはまず有料枠から表示されるように設定されています。

無料枠の場合は、登録した日付やその求人の有効性・更新頻度などを鑑みて掲載順位の優先度が決定される仕組み。特に競合が激しいジャンルの求人の場合は、無料枠への掲載では埋もれてしまいがちです。また、最初は掲載されていたのに、気づいたら掲載が終了していたということも。より確実に求職者へ自社の存在をアピールしたい場合は、積極的に有料枠を利用する必要があります。

■求職者に優しいからこそ掲載条件が厳しい
また、indeedは「求職者に優しい検索エンジン」を心がけているためか、求人を募集する際の条件なども厳しく定義されています。

特に自社の採用サイトをindeedに載せてもらいたい場合は、
*求人情報はテキスト形式であること
*一つの勤務地につき一つの求人ページが存在すること
*ボタン一つで応募できること
など、さまざまな条件を満たす必要があります。

indeedを上手に活用して積極的な求人活動を!

indeedでは記入漏れなどの不備なく登録すればきちんと掲載してもらうことが可能。
有料枠と無料枠も使い分けることができます。基本的に「掲載することで被る不利益」は存在しないかと思いますので、積極的に利用されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】indeedは無料でも求人掲載をすることができる

【POINT2】有料枠は検索した際、無料枠よりも上位などの目立つ箇所に表示されることが特徴

【POINT3】より確実に求職者へ自社の存在をアピールしたい場合は、積極的に有料枠を利用する必要がある

いかがでしたか?

ヒューマンワークでは、indeed有料掲載のサポートをしております。
indeedの求人広告ガイドラインに沿った求人サイトのご提供や、indeedで採用成功しやすい求人文の作成、適切なクリック単価の調整をサポートいたします。
有料枠への掲載をご検討されましたら是非ヒューマンワークまでご相談ください!

Indeedへの掲載の詳細はコチラ

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルートトップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内