リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

  1. ヒューマンワークTOP
  2. 人材関連コラム
  3. Vol.127 Indeed広告の広告費をコスト削減する方法とは?5分で分かりやすく解説いたします


HumanWork Jinzai Column [127]

求人広告


Indeed広告の広告費をコスト削減する方法とは?5分で分かりやすく解説いたします

Indeed広告の広告費をコスト削減する方法とは?5分で分かりやすく解説いたします

はじめに

Indeedでの広告掲載は、無料で掲載できる「無料掲載枠」とお金を出して効果を高める「有料掲載枠」があります。1秒に9.8件求人が投稿されているといわれるIndeedでは、無料掲載で投稿したとしても大量の求人に埋もれてしまい、求職者の目に留まりづらい場合があります。一方有料掲載では、求職者の目立つところに掲載ができ、その結果無料掲載よりも効果が期待できます。しかし、有料掲載をしたからといって必ずしも効果が高まるとは限りません。目的や市場の求人掲載状況を把握した上で掲載することで余分な費用をかけずに効率よく求職者を獲得することができるようになります。

以降では、Indeedの有料掲載で効率よく求職者獲得を可能にするコツをいくつかご紹介します。

検索結果に出る表記を工夫して無駄なクリックを減らす

そもそも、Indeedは求人をクリックされることで費用が発生する「クリック課金」方式です。求職者がIndeed上でキーワードを入れて検索、その検索結果に出てきた有料掲載枠の求人をクリックすることで費用が発生します。

そのため、あまりにもターゲットとかけ離れた求職者ばかりにクリックされていると、無駄に費用が掛かってしまい、ターゲットとする求職者への費用へ充てることができません。求職者がクリックするためのトリガーとなる「求人情報タイトル」に業種や職種を明確に記載することで、求人詳細を見てもらう前にある程度条件を把握した求職者を獲得できます。

たとえば、「営業」の求人広告を掲載する場合、求人情報タイトルを「営業」のみにしたままではどの業界のどんな営業職を募集しているのか、求職者には判断しづらい状態です。営業職を希望しているものの、まったく違う業界に興味を持っている人からのアクセスも多くなり、応募につながらない無駄なクリックも増えてしまいます。

そこで、「住宅の構造材や建築資材のルート営業」など“どんな”“何を扱う”等を入れることによって、経験者はもちろん未経験者の方にもわかりやすく情報が伝わり、よりマッチングしたターゲットにクリックされやすくなります。

ただし、Indeedの閲覧デバイスの多くはスマートフォンから(およそ80%以上)。そのため、見やすさなども考慮し、タイトル字数は30字程度に抑えておくことをおすすめします。

求める経験やスキルを明確にする

Indeed掲載の本文において、求める経験やスキルを明確に表現しておくことも非常に重要です。表現方法としてはざっくりした形よりも、以下の記載例のように明確な表現がおすすめです。

<記載例>
【必須経験・スキル】
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格
Excelでのデータ作成の経験がある方(VlookupやSumifが使える方)

【さらに以下の経験・スキルがある方は歓迎します】
医療事務1級の有資格者
3年以上の養護施設での実務経験を有する方

上記のように、求める経験やスキルを明らかにすることで、求職者は自身の経験・スキルが求められているレベルにあるかどうかを判断できます。結果、応募のミスマッチが起こりにくくなります。

募集人数や採用スピードによって調整する

Indeedは、有料掲載を開始しても、一旦停止をしたり掲載予算を途中で変更することが可能です。その為、採用状況(『有料掲載開始直後に採用充足した』『やっぱり1か月後から採用活動を始める』など)や、市場状況(就活動が活発になる採用チャンスが多い時期)に合わせて運用することで、より効率的に求職者を獲得できます。

代理店に依頼することもコスト削減の有効な手段

Indeed掲載のコスト削減をねらうなら、自社内での運用だけではなく代理店の運用サポートサービスを利用するのも有効です。代理店に運用手数料を支払う必要があるため、その分コストがかさむイメージがあるかもしれません。しかし、Indeed広告掲載の仕組みや傾向など専門的な知識を持った代理店のサポートにより、求人活動のムダが徹底的に排除され、結果的にコスト削減につながる可能性が高まります。

また、Indeedだけでなくほかの求人メディアも幅広く取り扱っている代理店であれば、ほかの求人メディアとの連携も含めた求人募集を行うことも可能です。さらなる効率アップが期待できます。

まとめ

今回のコラムにおけるポイント

【POINT1】求人情報タイトルをひと目見ただけで「どういう業界でどういう職種の人材を探しているのか」がわかるようにすることが大切

【POINT2】どんな経験やスキルを求めているのかを明確にし、応募の段階で人材をある程度絞りこめるようにしていくのも有効な手段

【POINT3】募集人数や採用状況に応じて予算を調整することでより効率的に求職者を獲得できる

【POINT4】Indeedについて熟知している代理店にIndeed広告の運用をサポートしてもらうことは結果的にコスト削減が望める

いかがでしたか?

ヒューマンワークはIndeedの認定パートナーとして、全国に1,000件以上のIndeed掲載実績がございます。当社にご相談いただければ、最適な掲載スタイル、掲載内容をご提案させていただきます!

Indeedの掲載のご相談はコチラ

←前のコラムを読む 一覧へ戻る 次の記事を読む→





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内