リクルート求人媒体各種取り扱いしております。お気軽にお問い合わせください!ご相談・お見積りは無料です!

求人広告ならリクルート求人広告代理店全国トップパートナーヒューマンワークへお任せください

  1. ヒューマンワークTOP
  2. お役立ち情報
  3. タウンワークで効率的なコストダウン


タウンワークで効率的なコストダウン

最近ではどの広告を使っても、うまく採用ができないというケースが多いのではないでしょうか。

採用というより、面接や応募が少なく、非常に厳しいケースであれば、コストも非常に気になり、

どのようにしていいものかと考えるケースが増え、あの手この手を考え、悩んでしまいます。

そこで、タウンワークを何回か利用することをコストはかかるが、何とか少しでもコストダウンになる方法が

あります。例えば、2週連続で掲載するケースや3週連続で掲載するケースで1人あたりの採用単価を減らすアイデアはいかがでしょうか。この例であれば、仕事を探している人が何回か目にするケースが出てきて、応募をしてみようかなと思うかもしれません。また、別の考え方で、何よりもある程度の多くの人数が必要で、今後も採用活動をしていかなけばならないケースは、タウンワークを半年間、あるいは年間でのボーリュームディスカウントをする方法も1つかもしれません。今後は採用が長期になるようであれば、このような方法は会社にとっても、悪い話ではないと思われます。もし、大きい会社やグループ企業などが多くあるケースであれば、自分の会社でどの程度、タウンワークを利用しているのかを把握し、上手にタウンワークを利用していくことがより効率的になるかもしれません。一度、タウンワークを利用しているのであれば、状況を把握してから、いろいろなパターンを先程の例のように組み合わせていくと、かなりより良い効率的な数字が出てくるものと思われます。タウンワークは非常に有効な広告媒体ですので、掲載する広告原稿の枠のサイズ・原稿の納期・入稿日・原稿の内容など重要なことも同時に考えながら、より良い広告を利用していかなけば、非常に大きい出費となりかねませんので、注意が必要です。同じような広告が自分の会社とライバル会社が同時に掲載されたら、何が差をつけるのかも、実際に入稿後もチェックをして、何故、応募をしてきたのかをしっかりと把握していくのも重要なことになると思います。もし、少しでも余裕があるのであれば、毎週何件程の求人が掲載されているのか、また、どのような仕事の特集があるのかなどを事前に知っておくのもいいかもしれません。せっかく、お金を使って、広告を掲載するのですから、最初はわからないとしても、今後はどのように広告を利用していくのかを戦略を立てて、実行していくのが良いかと思われます。

タウンワークへの掲載の詳細はコチラ
一覧へ戻る





リクルート求人広告代理店トップパートナー 60,000社以上の取引実績 求人広告の全国対応ならヒューマンワーク



  1. お客様の声
  2. スタッフブログ
  3. 会社案内